統率者2019:アーティファクト・カード

スポンサーリンク

アーティファクト・コモン

天球儀(Armillary Sphere)

エスパーの魔道士には、謎の二つの輪の目的が分からないままだった……、これまでは。
引用:天球儀(Armillary Sphere)のフレイバー・テキスト

天球儀(Armillary Sphere)

カードギャラリーより引用

天球儀(Armillary Sphere)はカードセット「コンフラックス」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。ただし、和訳製品版のフレイバー・テキストはカードセット「統率者2017」再録時の微修正されたもの(読点や三点リーダ(…)の利用など、文章は変わっていない)。

このカードはアラーラ次元エスパー断片の天球儀を表している。エスパーは5色のマナの内、「赤」と「緑」が欠けた世界であった。それがフレイバー・テキストの「謎の二つの輪」の正体である。

アゾリウスのロケット(Azorius Locket)

「ロケットを義務付けることにより全評議会員の追跡が可能になり、安全性と効率性の向上が実現します。」
–ドビン・バーン
引用:アゾリウスのロケット(Azorius Locket)のフレイバー・テキスト

アゾリウスのロケット(Azorius Locket)

カードギャラリーより引用

アゾリウスのロケット(Azorius Locket)はカードセット「ラヴニカの献身」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

このカードはラヴニカ次元のアゾリウス評議会のロケットである。

統率者の宝球(Commander’s Sphere)

それはその主の本質と調和する。
引用:統率者の宝球(Commander’s Sphere)のフレイバー・テキスト

統率者の宝球(Commander's Sphere)

カードギャラリーより引用

統率者の宝球(Commander’s Sphere)はカードセット「統率者2014」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

イゼットのロケット(Izzet Locket)

“Remember to discharge your locket every seven hours. Unless you prefer the spontaneous aether overload, of course.”
–Daxiver, Izzet electromancer
「7時間おきにロケットの放電を行いたまえ。もちろん、自然過霊気状態を望む場合は別だ。」
–イゼットの電術師、ダクシヴァー
引用:イゼットのロケット(Izzet Locket)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

イゼットのロケット(Izzet Locket)

カードギャラリーより引用

イゼットのロケット(Izzet Locket)はカードセット「ラヴニカのギルド」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

このカードはラヴニカ次元のイゼット団のロケットである。

フレイバー・テキスト原文の「spontaneous」は、公式和訳版では「自然に起こる、自動的になる」の方の意で訳されているが、この場合「自発的な、任意の」の意味の方でも意味は通じる。ロケットが霊気の過負荷がかかった状態になることを「自分で選んだ」と解釈すれば。

ラクドスのロケット(Rakdos Locket)

“This trinket will gain you admittance to some painfully exclusive gatherings.”
–Exava, blood witch
「この小物がお前に痛いほど特別な集まりへの入場権を与えるわ。」
–血魔女、イクサヴァ
引用:ラクドスのロケット(Rakdos Locket)のフレイバー・テキスト

ラクドスのロケット(Rakdos Locket)

カードギャラリーより引用

ラクドスのロケット(Rakdos Locket)はカードセット「ラヴニカの献身」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

このカードはラヴニカ次元のラクドス教団のロケットである。

フレイバー・テキストは直訳調で少し意味が呑み込みにくい仕上がりに思える。「この小物があれば、痛々しくも高級な、ある集会に入場できるの。」くらいに砕けた方が良い気がする。「歌姫イクサヴァ」から「痛々しくも高級な、ある集会」への招待をほのめかされた者は、あらぬ期待を抱いて、危険なラクドスの集会に出向いてしまうのではないだろうか?

耕しカカシ(Scaretiller)

広大な戦場が広大な農場に変わる。
引用:耕しカカシ(Scaretiller)のフレイバー・テキスト

耕しカカシ(Scaretiller)

カードギャラリーより引用

耕しカカシ(Scaretiller)は新規カード。



アーティファクト・アンコモン

血に飢えた刃(Bloodthirsty Blade)

その武器は持つ者の手を利用する。
引用:血に飢えた刃(Bloodthirsty Blade)のフレイバー・テキスト

血に飢えた刃(Bloodthirsty Blade)

カードギャラリーより引用

血に飢えた刃(Bloodthirsty Blade)は新規カード。

つややかな雄鹿(Burnished Hart)

Forged by divine hands to wander mortal realms.
定命の者の世界をさまようため、天界の者の手により創られた。
引用:つややかな雄鹿(Burnished Hart)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

つややかな雄鹿(Burnished Hart)

カードギャラリーより引用

つややかな雄鹿(Burnished Hart)はカードセット「テーロス」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

このカードはテーロス次元に属している。

面晶体の記録庫(Hedron Archive)

ウギンは言った。「おぬしは面晶体の本来の目的を理解し始めておる。エルドラージを封じることができるのだ。」
「それで、前回はどうなったのですか?」ジェイスが訊いた。
引用:面晶体の記録庫(Hedron Archive)のフレイバー・テキスト

面晶体の記録庫(Hedron Archive)

カードギャラリーより引用

面晶体の記録庫(Hedron Archive)はカードセット「戦乱のゼンディカー」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

このカードはゼンディカー次元に属している。

稲妻のすね当て(Lightning Greaves)

稲妻が崖を打った後、鉱石は鉄となり、鉄は鋼となり、鋼はすね当てとなった。稲妻はそこに残ったままだ。
引用:稲妻のすね当て(Lightning Greaves)のフレイバー・テキスト

稲妻のすね当て(Lightning Greaves)

カードギャラリーより引用

稲妻のすね当て(Lightning Greaves)はカードセット「ミラディン」からの再録カード。イラストは差し変わっているが、フレイバー・テキストは据え置き。

このカードはミラディン次元(現在の新ファイレクシア次元)に属しているかどうかまでは分からない。

隕石ゴーレム(Meteor Golem)

その衝撃で兵士たちは散り散りになった。すると、その穴から何かが現れた。
引用:隕石ゴーレム(Meteor Golem)のフレイバー・テキスト

隕石ゴーレム(Meteor Golem)

カードギャラリーより引用

隕石ゴーレム(Meteor Golem)はカードセット「基本セット2019」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

太陽の指輪(Sol Ring)

遥かな星の光を最も純なる黄金の指輪に捕らえる工匠の技は、時の中で失われた。
引用:太陽の指輪(Sol Ring)のフレイバー・テキスト

太陽の指輪(Sol Ring)

カードギャラリーより引用

太陽の指輪(Sol Ring)はカードセット「基本セット第1版(アルファ版)」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストもカードセット「統率者」再録時のバージョン。

スランの発電機(Thran Dynamo)

ウルザのメタスランの子供たちは、効果的に連結された機械システムによって受精され、産み落とされ、養育されていた。
引用:スランの発電機(Thran Dynamo)のフレイバー・テキスト

スランの発電機(Thran Dynamo)

カードギャラリーより引用

スランの発電機(Thran Dynamo)はカードセット「ウルザズ・デスティニー」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。



アーティファクト・レア

永劫機関(Aeon Engine)

「パラドックス?今はどうでもいい。それは昨日考えよう。」
–時間鍛冶、エドリン
引用:永劫機関(Aeon Engine)のフレイバー・テキスト

永劫機関(Aeon Engine)

カードギャラリーより引用

永劫機関(Aeon Engine)は新規カード。

Gavin Verheyのコメントによると、カードセット「統率者2017」を引き渡した後に、多人数戦の順番を逆にするカードを制作したが、その時点では遅すぎた。次の「統率者2018」には収録枠が足りなかった。そして今回、2年越しで収録が叶った。ちなみに、「統率者2014」と「統率者2015」では「対象プレイヤーのターンを飛ばす」カードを試したことがあった(プレイテスト名は「Bathroom Break(浴室で一息)」)。しかし、こちらは相手を標的にしてると感じさせ、意地悪で、さらに対処しにくいという理由で没になったそうだ。永劫機関は似た効果だが対応や準備ができてよりフェアに思えるものとなっている。

大出力自動生成器(Empowered Autogenerator)

魔法は物理学と異なり、破れない法則はない。
引用:大出力自動生成器(Empowered Autogenerator)のフレイバー・テキスト

大出力自動生成器(Empowered Autogenerator)名

カードギャラリーより引用

大出力自動生成器(Empowered Autogenerator)は新規カード。

忘却の偶像(Idol of Oblivion)

「偉大なるものよ、立ち上がり、そして我らの敵たるこの世界を浄化したまえ!」
引用:忘却の偶像(Idol of Oblivion)のフレイバー・テキスト

忘却の偶像(Idol of Oblivion)

カードギャラリーより引用

忘却の偶像(Idol of Oblivion)は新規カード。

街の鍵(Key to the City)

この鍵が悪者の手に渡ったら大変なことになる。
引用:街の鍵(Key to the City)のフレイバー・テキスト

街の鍵(Key to the City)

カードギャラリーより引用

街の鍵(Key to the City)はカードセット「カラデシュ」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはカラデシュ次元に属している。

ミミックの大桶(Mimic Vat)

ミミックの大桶(Mimic Vat)

カードギャラリーより引用

ミミックの大桶(Mimic Vat)はカードセット「ミラディンの傷跡」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

以前はミラディン次元(現在の新ファイレクシア次元)に属するカードだったが…これもそうであるかは断言できない。

繁栄のペンダント(Pendant of Prosperity)

繁栄のペンダント(Pendant of Prosperity)

カードギャラリーより引用

繁栄のペンダント(Pendant of Prosperity)は新規カード。

運命の巻物(Scroll of Fate)

「我らの物語が我らの現実を定義する。」
–ウギン
引用:運命の巻物(Scroll of Fate)のフレイバー・テキスト

運命の巻物(Scroll of Fate)

カードギャラリーより引用

運命の巻物(Scroll of Fate)は新規カード。

真面目な身代わり(Solemn Simulacrum)

真面目な身代わり(Solemn Simulacrum)

カードギャラリーより引用

真面目な身代わり(Solemn Simulacrum)はカードセット「ミラディン」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

魂の鋳造所(Soul Foundry)

魂の鋳造所(Soul Foundry)

カードギャラリーより引用

魂の鋳造所(Soul Foundry)はカードセット「ミラディン」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはミラディン次元(当時)に属している。

ストリオン共鳴体(Strionic Resonator)

物理的な力だけでそれを鳴らすことはできない。強大な魔法のみが、その不気味な共鳴を生み出せるのだ。
引用:ストリオン共鳴体(Strionic Resonator)のフレイバー・テキスト

ストリオン共鳴体(Strionic Resonator)

カードギャラリーより引用

ストリオン共鳴体(Strionic Resonator)はカードセット「基本セット2014」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。



アーティファクト神話レア

死者の呪文書(Grimoire of the Dead)

死者の呪文書(Grimoire of the Dead)

カードギャラリーより引用

死者の呪文書(Grimoire of the Dead)はカードセット「イニストラード」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

統率者2019:アーティファクト・カードの関連記事

カード紹介:統率者2019
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「統率者2019」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。