灯争大戦:虐殺少女

スポンサーリンク

虐殺少女(Massacre Girl)はカードセット「灯争大戦」収録の伝説のクリーチャー・カード。

虐殺少女の解説

虐殺少女(Massacre Girl)

カードギャラリーより引用

虐殺少女(Massacre Girl)ラクドス教団(The Cult of Rakdos)のリングマスターの1人。契約殺人者。人間女性。

アゾリウス評議会による重要指名手配被疑者10人の中に挙げられる犯罪者である。

虐殺少女は灯争大戦の新規キャラクターではなく、ラヴニカへの回帰ブロックの時にいくつかのストーリーに登場していたキャラクターであり、今年3月のマークローズ・ウォーターの公式記事「You Know Who」で、「次期商品でカード化されるキャラクター候補」の1人として挙げられていた。カード化要望が高い、つまり、それだけ大勢のファンが付いていたようだ。今回ファンの要望が叶って製品化された!1

ニュース:次期商品でカード化されるキャラクター候補
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のマークローズ・ウォーターの記事「You Know Who」を紹介。「次期商品でカード化されるキャラクター候補」の情報の一端が明かされた。ヨーグモス、フブルスプ、カリスト…カード化されるのは誰か?

カード化が発表されたばかりの現時点では、虐殺少女が灯争大戦のストーリーでどのような役割を果たすかは未知数である。→その後、灯争大戦のストーリー「第二幕第五場(Act2, Scene5)」に属するカードとして紹介された(WAR Story Scenes参照)。



灯争大戦のストーリー進行

第二幕第五場

虐殺少女のストーリー

カードセット「灯争大戦」より前の記事になるが、虐殺少女に言及するストーリーは幸いにも公式和訳がされている。
以下は日本公式記事へのリンク。

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaに虐殺少女は登場しない。

虐殺少女のトリビア

ラクドスの血魔女、イクサヴァ(Exava, Rakdos Blood Witch)

カードデータベースGathererより引用

イーサン・フライシャー(Ethan Fleischer)のコメント2によると、7年もの間、開発部は虐殺少女の開発を試みてきた。ザック・ヒル(Zac Hill)はカードセット「ドラゴンの迷路」で挑戦したし、イーサン・フライシャーに至っては何年も統率者セットに収録しようとした。これまで様々な障害によってカード化はできなかった。今回ようやく実現した。とのことである。

虐殺少女のカードデザインは様々なものが試みられていた。3その中でも、かつて開発されていた虐殺少女だった1つの例が「ラクドスの血魔女、イクサヴァ(Exava, Rakdos Blood Witch)」であったようだ。4もしかしたらイクサヴァが虐殺少女になっていた…!?

虐殺少女の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. カード発表記事
  2. Twitterのコメント
  3. Twitterのコメント
  4. Twitterのコメント