ラヴニカ史:調和暦

スポンサーリンク

ラヴニカの暦について設定を確認する。

ラヴニカは暦だけでなく1年の日数が設定されているめずらしい次元。ドミナリア以外ではラヴニカぐらいのものである。

ラヴニカの暦

ラヴニカの暦はギルドパクト1の締結を基準としている。締結前をAC(Al Concordant)で、締結後をZC(Zal Concordant)で書く。

Concordantは調和という意味。AlとZalの意味は分からない2が、Al Concordantは「ギルドが調和する前の歴史」、Zal Concordantは「ギルドが調和した後の歴史」くらいの意味合いだろうか。仮に「Zal Concordant」を「調和暦」としておく。

ZC10000年以降は省略して’76年などと表記されることがある。

ラヴニカの1年

ラヴニカの1年は365日で12の月がある。

1月から12月の名称と日数
1月 セレゼニ(Seleszeni)31日
2月 ダゾ(Dhazo)30日
3月 プラーツ(Prahz)31日
4月 モコシュ(Mokosh)30日
5月 ポージャル(Paujal)31日
6月 シザルム(Cizarm)31日
7月 テヴネンバー(Tevnember)30日
8月 ゴルガー(Golgar)31日
9月 クエガー(Quaegar)30日
10月 ジヴァスカー(Xivaskir)31日
11月 グリーフ(Griev)31日
12月 ズウン(Zuun)28日

ラヴニカの1月セレゼニはグレゴリオ暦の3月、12月ズウンは2月に相当する。つまり、春のセレゼニ1日から新年が始まり、冬のズウン28日が1年の終わりになる。各月は現実世界のグレゴリオ暦と同じ日数である。

この月の名称は最初のラヴニカ・ブロック小説時点から存在していた古くからある設定。

カードセットの時代設定

ラヴニカ・ブロック(ラヴニカ:ギルドの都、ギルドパクト、ディセンション)はZC10000年前後の時代設定。アグルス・コス警部3が主人公として語り始められる小説三部作によるとZC9999年~10012年を舞台としている。1作目の小説RavnicaはZC9999年~10000年、2作目のGuildpactと3作目のDissensionはZC10012年である(ただし三部作のプロローグとエピローグはZC9943年とZC10014年)。

ラヴニカへの回帰ブロック(ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路)ZC10075年である。4

ラヴニカのギルド、ラヴニカの献身ZC10076年である。季節は秋。5

カードセットではないが、ジェイス・ベレレンが主人公である小説Agents of Artificeはラヴニカへの回帰ブロックの数年前頃にあたる。

アルガイヴ暦と調和暦

カードセットの「ドミナリア」と、「ラヴニカのギルド」&「ラヴニカの献身」は同時期の物語である。したがって、AR4560年=ZC10076年と確定する。

AR4560年=ZC10076年

ドミナリアとラヴニカの暦の問題点

ドミナリアとラヴニカの1年の日数が420日と365日で55日も差がある。これが問題となってくる。調和暦の1年は、そのままアルガイヴ暦の1年に変換できない可能性がでてくる。

こういう次元の差を考え始めて突き詰めていくと、そもそも1日の長さは同じなのか、時間の流れは同じなのか、…という話につながってしまう訳で困ってしまう。

2パターン表記

本サイトではラヴニカとドミナリアを年表上で比較する場合は、2パターンで書くことにする。「ラヴニカ1年=ドミナリア1年で対応した年数」のパターンと、「ラヴニカとドミナリアの日数の差を補正した年数」のパターン。

例えば、ラヴニカ・ブロックの時代設定ZC10000年の場合。
パターン1なら、76年前なので4560-76=4484で、ZC10000年=AR4484年となる。
パターン2なら、ラヴニカの76年は76×365=2740日なので、ドミナリアでは2740÷420=66.05つまりおよそ66年前で4560-66=4494となり、ZC10000年=AR4494年が導き出される。

計算方法の違いで10年の違いが出た。

ZC10000年(AR4484年/補正AR4494年)
本サイトではこんな感じに並列表記することにする

ラヴニカの年表

AC5000年/ZC-5000年頃(AR-10516年/補正AR-8542年)
ニヴ=ミゼット誕生。

ZC0年(AR-5440年/補正AR-4130年)
ギルドパクト締結

ZC10000年頃(AR4484年/補正AR4494年)
ラヴニカ・ブロック(ラヴニカ:ギルドの都、ギルドパクト、ディセンション)
ZC10000年はギルドパクト締結1万年の万年紀祭

ZC10075年(AR4559年/補正AR4459年)
数年前に小説Agents of Artificeの出来事
ラヴニカへの回帰ブロック(ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路)
ジェイス・ベレレンがギルドパクトの体現者となる

ZC10076年(AR4560年)
ラヴニカのギルド、ラヴニカの献身
ジェイス・ベレレン不在期の出来事

ラヴニカの暦まとめ

  1. ラヴニカの暦はACとZC。公式訳が見当たらないので「調和暦」と定義した。
  2. ラヴニカの1年は12ヶ月365日。
  3. ドミナリアのアルガイヴ暦とのすり合わせは2パターン表記を採用する。
  4. カードセットに対応した大まかな年表を作成した。

その他の暦に関連する記事

MTG年表の基準となるアルガイヴ暦

MTGの暦:基準を決める(アルガイヴ暦)
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のストーリーの時系列を語るための基準は「ドミナリア次元のアルガイヴ暦」が都合がいい。ドミナリアは最も詳しく時系列が設定されており、かつては多元宇宙の中心であったため、基準とするには適している。

ウルグローサ次元の暦

ウルグローサ史:世代紀
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のウルグローサの暦「世代紀」について解説する。黙示の鐘による大破壊を始まりとして、何世代目に当たるかを意味している。ウルグローサの第1世代紀は、ドミナリアのAR3200年頃に相当する。1世代は約20年である。
  1. パクト(pact)とは協定・条約
  2. オランダ語系かな。調査中
  3. 「警部」は警察組織ウォジェクの階級「Lieutenant」の現在の公式訳。ラヴニカ初期の翻訳は「副長」で、その他の訳語も含めてぜんぜん警察らしくなかった
  4. Guildmasters’ Guide to Ravnicaで時代設定確定
  5. The Art of Magic: The Gathering – Ravnicaにおいて、ラヴニカ・ブロックからラヴニカの献身までで77年と記述があるため9999+77=ZC10076年と導き出せる。Guildmasters’ Guide to Ravnica現在と同時期となり設定が合致する。ZC10077年の可能性もある。
ラヴニカ 年表
スポンサーリンク
mtg-story