灯争大戦:鉄の暴漢

スポンサーリンク

鉄の暴漢(Iron Bully)カードセット「灯争大戦」収録のアーティファクト・クリーチャー・カードである。

フレイバー・テキストで何かおかしいぞと引っ掛かりを覚えたカードをピックアップする。

鉄の暴漢の解説

“Why would someone have built . . . wait, never mind. Send it to the front lines!”
–Commander Grozdan
「いったい誰がこんな物を……いや、ちょっと待てよ。これを前線に送れ!」
–司令官グロズダン
引用:鉄の暴漢(Iron Bully)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

鉄の暴漢(Iron Bully)

データベースGathererより引用

鉄の暴漢(Iron Bully)はラヴニカ次元のゴーレムである。

フレイバー・テキストの発言者である司令官グロズダン(Commander Grozdan)はボロス軍所属の人物である。したがって、この鉄の暴漢はボロス軍の所有物となる。和訳版では不明瞭だが、グロズダンは「Why would someone have built(いったい誰がこんな物を作ったのか)」と述べているため、製作したのはボロスではないだろう。

ここで一旦、グロズダンの設定を確認してみる。

司令官グロズダン(Commander Grozdan)とは…
ボロス軍のミノタウルス男性。カメン要塞(Kamen Fortress)を本拠とする「秩序戦域(Theater of Order)」の監督者であり、その任務はラクドスの暗殺者と連続殺人犯の撲滅である。

この鉄の暴漢の姿は、トゲと鎖と炎と黒煙…これはいかにもラクドス的にみえる。ということは、犯罪捜査でラクドス教団からの押収物であろう。異世界からの侵略者が引き起こした灯争大戦、この緊急事態にラクドスの押収物を戦線に投入する。グロズダンの機転が冴える。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにはグロズダンもこの手のアーティファクト・クリーチャーも登場しなかった。

鉄の暴漢の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。