灯争大戦:サイクロプスの電術師

スポンサーリンク

サイクロプスの電術師(Cyclops Electromancer)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

サイクロプスの電術師の解説

Every storm has an eye.
嵐には目がある。
引用:サイクロプスの電術師(Cyclops Electromancer)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

サイクロプスの電術師(Cyclops Electromancer)

カードギャラリーより引用

サイクロプスの電術師(Cyclops Electromancer)はイゼット団所属のサイクロプスの魔術師。

イゼット団の「電術師(Electromancer)」のカード化としては、カードセット「ラヴニカへの回帰」初出の「ゴブリンの電術師(Goblin Electromancer)」に次いで2種類目となる。電気やエネルギーに関する魔法研究者はイゼットではありふれているが、この「電術師」は特化・専門化した魔術師と考えられる。

イラストを見ると、このサイクロプスもイゼット団のサイクロプスとしてはお馴染みのミジウム製アーマーと装具で身を固めている。

フレイバー・テキストの和訳版では不明瞭だが「目」は原文で「an eye」と単数である。もちろんサイクロプスの1つ目と、嵐の渦の目をかけたものだ。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaで出番あるサイクロプスはグルールの腹音鳴らし(Borborygmos)だけである。

サイクロプスの電術師の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。