灯争大戦:開花の巨体

スポンサーリンク

開花の巨体(Bloom Hulk)カードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

開花の巨体の解説

“Tread upon these flower beds at your own peril.”
–Emmara
「その花壇を踏み付けるなら危険を覚悟することです。」
–イマーラ
引用:開花の巨体(Bloom Hulk)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

開花の巨体(Bloom Hulk)

データベースGathererより引用

開花の巨体(Bloom Hulk)はラヴニカ次元の植物の精霊(エレメンタル)である。

イラストを見ると、茎か蔦かが絡み合った身体は樹木よりもはるかに巨大で、所々に花が咲いている。頭部らしく部分には、白いパーツの形状があるが、形状がセレズニア的特徴を備えている。

協約の魂、イマーラ(Emmara, Soul of the Accord)

協約の魂、イマーラ(Emmara, Soul of the Accord)
データベースGathererより引用

フレイバー・テキストはセレズニア議事会のイマーラ・タンドリス(Emmara Tandris)の言葉である。

この開花の巨体は、花壇から生まれたセレズニアの植物のエレメンタルと見ていいだろう。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、動き出した樹木のエレメンタルとしてヴィトゥ=ガジー(Vitu-Ghazi)が目立っており、その他には特に見せ場のない樹木のエレメンタルの護衛2体が出てくるぐらいである。この開花の巨体のような植物のエレメンタルには登場するチャンスも活躍する場も与えられなかった。

開花の巨体の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。