灯争大戦:間に合わせの大隊

スポンサーリンク

間に合わせの大隊(Makeshift Battalion)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

間に合わせの大隊の解説

隊列は薄く、陣形はその場しのぎで、武器は借り物だが、その行く手は塞がないのが一番だ。
引用:間に合わせの大隊(Makeshift Battalion)のフレイバー・テキスト

間に合わせの大隊(Makeshift Battalion)

カードギャラリーより引用

間に合わせの大隊(Makeshift Battalion)は異なるギルドに所属するラヴニカの住人たちが団結しているカードの1枚。

このカードのイラストでは、中心にいるのがボロス軍の兵士。その後方、向かって右手にシミック、左手にディミーアのギルドメンバーが続いている。フレイバー・テキストで「武器は借り物」とあるが、イラストのディミーアの持つ武器はアモンケット次元の「コペシュ」、すなわち敵の永遠衆からの借り物である。

カードのメカニズムから見ると、カードセット「ギルド門侵犯」でボロス軍に割り当てられた能力語「大隊(Battalion)」と同じ機能を持っている。このカードは見ての通りカード名に「大隊(Battalion)」が含まれており、イラストで先陣を切るのはボロス軍兵士である。気持ちよく互いのパーツがはまっている。もちろん意図した構成だろう。

間に合わせの大隊の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。