灯争大戦:陽光の輝き

スポンサーリンク

陽光の輝き(Solar Blaze)カードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カードである。

陽光の輝きの解説

“The primary weapon is nothing more than light. It shows them what they are, and they burn of their own accord.”
–Aurelia
「原初の武器とは光に他なりません。自分が何者であるかを見せつければ、ひとりでに燃え始めるのです。」
–オレリア
引用:陽光の輝き(Solar Blaze)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

陽光の輝き(Solar Blaze)

データベースGathererより引用

陽光の輝き(Solar Blaze)はボロス軍(Boros Legion)の浮遊要塞「パルヘリオンⅡ(Parhelion II)」の中央から放たれた光の放射兵器である。イラストでは「永遠衆(Eternals)」が焼き尽くされている。

灯争大戦のストーリー「第二幕第六場(Act2, Scene6)」では永遠衆とボロス軍は「空戦域(The Sky Theater)」と呼ばれる戦場で激突している(翼の結集(Rally of Wings)参照)。

フレイバー・テキストの発言者は、ボロスのギルドマスター「オレリア(Aurelia)」である。パルヘリオンⅡはオレリアの指揮のもと、ボロス軍の移動要塞として灯争大戦の要の一つとなる。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、「パルヘリオンⅡ(Parhelion II)」は「神秘的なカノン砲(Mystic Cannon)」を装備している(「cannon」が単数形であることから、このカノン砲は一門のみの可能性がある)。この「陽光の輝き(Solar Blaze)」はそのカノン砲の攻撃であるかもしれない。
作中でカノン砲は、前進する永遠神4神に発射されるがあまり効果がなかったため、パルヘリオンⅡは後退することになった。

陽光の輝きのトリビア

焦熱の溶岩(Scorching Lava)

データベースGathererより引用

侵略者に対抗する次元側に属する拠点自身が動き出し、敵に攻撃を加える、というフレイバーを表現したカードはこれ以前にも存在した。

それがカードセット「インベイジョン」の「焦熱の溶岩(Scorching Lava)」である。

この時の侵略者はヨーグモスのファイレクシアであり、ドミナリア次元が標的となった。焦熱の溶岩のカードが描き出す状況はというと、ファイレクシア軍がシヴのマナ掘削施設を攻撃した際に、施設の一部が切り離されて移動し、溶岩を噴射してファイレクシア・クルーザーを撃退するという場面である。

この詳しい状況は小説Invasionで確認することができる。一読してみてはいかがだろうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Invasion【電子書籍】[ J. Robert King ]
価格:507円 (2019/4/29時点)

陽光の輝きの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。