カード紹介:鉄拳ジャラード

スポンサーリンク

鉄拳ジャラード(Jerrard of the Closed Fist)カードセット「レジェンド」収録の伝説のクリーチャー・カードである。

今回はドミナリア次元の鉄拳騎士ジャラードと、ドメインズ地方のクブブライアン高地についての情報をまとめた。

鉄拳ジャラードの解説

Once, the order of the Closed Fist reached throughout the Kb’Briann Highlands. Now, Jerrard alone remains to uphold their standard.
かつて、鉄拳騎士団の力はクブブライアン高地の隅々まで届いていた。今や、ジャラードただ1人が残って騎士団旗を守っている。
引用:鉄拳ジャラード(Jerrard of the Closed Fist)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が私家訳版

Jerrard of the Closed Fist

データベースGathererより引用

鉄拳ジャラード(Jerrard of the Closed Fist)はドミナリア次元の人間騎士。名前から考えて男性。公式に和訳されたことがないため「鉄拳ジャラード」は本サイトでつけた暫定訳である。

ジャラードはかつてクブブライアン高地(Kb’Briann Highlands)に勇名を馳せた鉄拳騎士団(The Order of the Closed Fist)の一員で、最後に残された鉄拳騎士である。

鉄拳ジャラードは、自身のフレイバー・テキストを除いて、固有の物語は語られていないキャラクターである。レジェンドの固有名詞を連呼するクレイトン・エマリィ作品にすら名前が出てこないほど、何も情報がない。

したがって、鉄拳ジャラードがドミナリアのどの時代の人物であったのか不明であるし、ジャラードの後の鉄拳騎士団がどうなったのかも分からない。最後の鉄拳騎士ジャラードで騎士団は消滅したのかもしれないし、逆に勢いを盛り返して現在でも存続しているのかもしれない。



クブブライアン高地

鉄拳ジャラードの鉄拳騎士団が権勢を誇っていたクブブライアン高地について解説する。

クブブライアン高地
ドメインズ地方カレンダー地図より抜粋引用

クブブライアン高地(Kb’Briann Highlands)はドメインズ地方南エローナ大陸にある。高地の北全域は大国ベナリア(Benalia)が支配しており、AR4560年現在、クブブライアン高地に暮らす戦士諸氏族1は実質上、ベナリアの保護国2となっている。

クブブライアン高地は赤鉄山脈(Red Iron Mountains)から海へと流れ至る2本の川によって区切られている。東から南を流れる川はスダー川(Suder River)であり、その対岸にはラノワール(Llanowar)ダークウッド(Durkwood)の森林地帯が横たわる。

一方、北の川の名称は不明だが、中流域にある湖はタルムーラ湖(Tarmula Lake)であろう。ベナリアのタルムーラ家(Tarmula Clan)は中央ベナリアのタルムーラ湖と湖岸の森林地帯を先祖伝来の領地としている。

鉄拳ジャラードの鉄拳騎士団は、現在クブブライアン高地に暮らす戦士諸氏族の一勢力であったと考えられる。

鉄拳ジャラードのストーリー

鉄拳ジャラード(Jerrard of the Closed Fist)は作品で固有の物語は語られていない。脇役としても登場していない。

クブブライアン高地(Kb’Briann Highlands)の方は、ドメインズ地図付属カレンダーThe Art of Magic: The Gathering – Dominariaで触れられているごく少ない情報のみとなっている。

鉄拳ジャラードの関連記事

カードセット「レジェンド」関連のリスト

カード紹介:レジェンド
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「レジェンド」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 原文「warrior clans」
  2. 原文「protectorate」