灯争大戦:主無き者、サルカン

スポンサーリンク

主無き者、サルカン(Sarkhan the Masterless)はカードセット「灯争大戦」収録のプレインズウォーカー・カード。

主無き者、サルカンの解説

主無き者、サルカン(Sarkhan the Masterless)

カードギャラリーより引用

主無き者、サルカン(Sarkhan the Masterless)はサルカンの7回目のカード化である。

サルカン・ヴォル(Sarkhan Vol)はタルキール次元出身の人間男性のプレインズウォーカー。ドラゴン崇拝のシャーマンであったサルカンは、自身を変身させるようなドラゴンに関する数々の魔法を得意としている。かつてはニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の下僕であったが現在は敵対している。タルキールの過去改変を行いウギン(Ugin)の命を救った人物でもある。

サルカンは2008年発売のカードセット「アラーラの断片」で初登場し、初の2色のプレインズウォーカー・カード(の1人)としてカードプレビューされた。ドラゴン崇拝者のサルカンはこのアラーラの断片ブロックでニコル・ボーラスの配下となり、狂気に陥りつつも、その次のゼンディカー・ブロックでも奉仕を続けた。サルカンの転機は故郷を舞台とする2014年-2015年のタルキール覇王譚ブロックであった。この物語でサルカンは正気を取り戻し、ボーラスとも完全に袂を分かった。

このカード「主無き者、サルカン」は公式サイトのWAR Story Scenesで、ストーリーのどの幕にも割り振られていない。しかし、これは不可解だ。ニコル・ボーラスやウギンと因縁が深いサルカン・ヴォルが灯争大戦のストーリーでただの脇役で終わるとは到底思えない。



サルカンの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でサルカンが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは序章の段階からサルカン・ヴォルは物語の中心人物に大きな関わりを持って働いていることが示されている。

物語の開始以前からニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の打倒のために、ウギン(Ugin)に協力しており、二ヴ=ミゼット(Niv-Mizzet)に接触してもいた。

主無き者、サルカンの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。