統率者2019:青カード

スポンサーリンク

青コモン

綿密な分析(Deep Analysis)

「この標本は壊れているようだ。」
引用:綿密な分析(Deep Analysis)のフレイバー・テキスト

綿密な分析(Deep Analysis)

カードギャラリーより引用

綿密な分析(Deep Analysis)はカードセット「トーメント」からの再録カード。イラストはカードセット「デュエルデッキ:アジャニvsニコル・ボーラス」再録時のバージョン。フレイバー・テキストは据え置きだが、和訳は初出時とは変更された修正版である。

残響する真実(Echoing Truth)

一言の虚言が、不信の潮流を解き放つ。
引用:残響する真実(Echoing Truth)のフレイバー・テキスト

残響する真実(Echoing Truth)

カードギャラリーより引用

残響する真実(Echoing Truth)はカードセット「ダークスティール」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードは旧ミラディン次元(現在の新ファイレクシア次元)に属している。

ウーナの寵愛(Oona’s Grace)

ウーナは自分のお気に入りに、堅く守られた自らの心から夢を分け与える。
引用:ウーナの寵愛(Oona’s Grace)のフレイバー・テキスト

ウーナの寵愛(Oona's Grace)

カードギャラリーより引用

ウーナの寵愛(Oona’s Grace)はカードセット「イーブンタイド」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはシャドウムーア次元に属している。

熟慮(Think Twice)

「私が必要な呪文は、知ってるか、間もなく知るかだ。」
引用:熟慮(Think Twice)のフレイバー・テキスト

熟慮(Think Twice)

カードギャラリーより引用

熟慮(Think Twice)はカードセット「時のらせん」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストもカードセット「イニストラード」再録時のバージョン。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。



青アンコモン

薬術師の眼識(Chemister’s Insight)

「私の専門は理論的万有制約と、その回避方法よ。」
引用:薬術師の眼識(Chemister’s Insight)のフレイバー・テキスト

薬術師の眼識(Chemister's Insight)

カードギャラリーより引用

薬術師の眼識(Chemister’s Insight)はカードセット「ラヴニカのギルド」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはラヴニカ次元イゼット団に属している。

嘘か真か(Fact or Fiction)

「何が重要かわかっているふりでもするがいい。」
引用:嘘か真か(Fact or Fiction)のフレイバー・テキスト

嘘か真か(Fact or Fiction)

カードギャラリーより引用

嘘か真か(Fact or Fiction)はカードセット「インベイジョン」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストもカードセット「デュエルデッキ:ジェイスvsチャンドラ」再録時のバージョン。

全面否定(Fervent Denial)

「あなたのいない現実のほうがいいわ。」
引用:全面否定(Fervent Denial)のフレイバー・テキスト

全面否定(Fervent Denial)

カードギャラリーより引用

全面否定(Fervent Denial)はカードセット「オデッセイ」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも差し変わっている。

初出時はAR4305年頃のドミナリア次元オタリア大陸を描いたカードであったが、今回は特定できない。

指導者の欠如(Leadership Vacuum)

“While they scramble to fill the sudden vacancy at the top, we strike.”
–Sedris, the Traitor King
「突然の空位を埋めようと慌てふためく間に、我々が攻め入る。」
–裏切り者の王、セドリス
引用:指導者の欠如(Leadership Vacuum)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

指導者の欠如(Leadership Vacuum)

カードギャラリーより引用

指導者の欠如(Leadership Vacuum)は新規カード。

フレイバー・テキストの「裏切り者の王、セドリス(Sedris, the Traitor King)」はアラーラ次元グリクシス断片のリッチの古代王である。したがって、このカードはアラーラ次元に属していることになる。

裏切り者の王、セドリス(Sedris, the Traitor King)

カードデータベースGathererより引用
裏切り者の王、セドリス(Sedris, the Traitor King)

このカードのイラストで霊気の渦に吸い込まれている怪物はカードセット「アラーラ再誕」収録の「霧を歩むもの、ウリル(Uril, the Miststalker)」に似ている。ウリルはセドリスと同じアラーラ次元に属している(ただし、ウリルの方はナヤ断片出身)。同次元のキャラクター同士で、所属的にも敵対しそうな両者と言う点から考えて、ウリルである可能性は高いと思われる。

霧を歩むもの、ウリル(Uril, the Miststalker)

カードデータベースGathererより引用
霧を歩むもの、ウリル(Uril, the Miststalker)

余談:直近のカードセット「基本セット2020」収録でも角の形が似ている「血の取引者、ヴィリス(Vilis, Broker of Blood)」がおり、私個人的には、イラストはヴィリスかその同種のデーモンである可能性を考えていた。しかし、このカードの怪物にはヴィリスのような翼はなく、首回りや腕には毛が生えている。ヴィリスである可能性は低い。

血の取引者、ヴィリス(Vilis, Broker of Blood)

カードデータベースGathererより引用
血の取引者、ヴィリス(Vilis, Broker of Blood)

神秘の回復(Mystic Retrieval)

神秘の回復(Mystic Retrieval)

カードギャラリーより引用

神秘の回復(Mystic Retrieval)はカードセット「闇の隆盛」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

初出時はイニストラード次元に属していたが、今回は特定できない。

現実変容(Reality Shift)

現実変容(Reality Shift)

カードギャラリーより引用

現実変容(Reality Shift)はカードセット「運命再編」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはタルキール次元に属している。

ルーンの反復(Runic Repetition)

「世間は妄想と呼ぶが、私はこれを完成のための使命と呼ぼう。」
引用:ルーンの反復(Runic Repetition)のフレイバー・テキスト

ルーンの反復(Runic Repetition)

カードギャラリーより引用

ルーンの反復(Runic Repetition)はカードセット「イニストラード」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

死者の秘密(Secrets of the Dead)

「生者と死者を隔てる帳は極めて薄く、古えの囁きが聞こえるほどです。」
–ミッドヴァストの間のアマルリク
引用:死者の秘密(Secrets of the Dead)のフレイバー・テキスト

死者の秘密(Secrets of the Dead)

カードギャラリーより引用

死者の秘密(Secrets of the Dead)はカードセット「闇の隆盛」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

テゼレットの計略(Tezzeret’s Gambit)

テゼレットの計略(Tezzeret's Gambit)

カードギャラリーより引用

テゼレットの計略(Tezzeret’s Gambit)はカードセット「新たなるファイレクシア」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードは新ファイレクシア次元に属している。

意志を曲げる者(Willbender)

意志を曲げる者(Willbender)

カードギャラリーより引用

意志を曲げる者(Willbender)はカードセット「レギオン」からの再録カード。イラストはカードセット「マスターズ25」再録時のバージョン。

初出時はAR4306年頃のドミナリア次元オタリア大陸を描いたカードであったが、今回は特定できない。



青レア

金属殻のカニ(Chromeshell Crab)

金属殻のカニ(Chromeshell Crab)

カードギャラリーより引用

金属殻のカニ(Chromeshell Crab)はカードセット「レギオン」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

初出時はAR4305年頃のドミナリア次元オタリア大陸を描いたカードであったが、今回は特定できない。

イクシドロン(Ixidron)

イクシドロン(Ixidron)

カードギャラリーより引用

イクシドロン(Ixidron)はカードセット「時のらせん」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

初出時はAR4500年頃のドミナリア次元を描いたカードであったが、今回は特定できない。

ジェイスの聖域(Jace’s Sanctum)

“For all our lofty talk of keeping watch, we had no idea what we were getting into.”
–Jace Beleren
「ゲートウォッチの崇高な議論をもってしても、一体何に足を踏み入れようとしているのか、我々は分かっていなかった。」
–ジェイス・ベレレン
引用:ジェイスの聖域(Jace’s Sanctum)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

ジェイスの聖域(Jace's Sanctum)

カードギャラリーより引用

ジェイスの聖域(Jace’s Sanctum)はカードセット「マジック・オリジン」からの再録カード。イラストは据え置きだが、フレイバー・テキストが追加されている。

カディーナの口封じ(Kadena’s Silencer)

カディーナの口封じ(Kadena's Silencer)

カードギャラリーより引用

カディーナの口封じ(Kadena’s Silencer)は新規カード。同時収録の「這い寄る魔術師、カディーナ(Kadena, Slinking Sorcerer)」の名前を冠するカードである。

したがって、このカードもカディーナ同様にタルキール次元のナーガの魔術師である。

ケルゥの呪文奪い(Kheru Spellsnatcher)

ケルゥの呪文奪い(Kheru Spellsnatcher)

カードギャラリーより引用

ケルゥの呪文奪い(Kheru Spellsnatcher)はカードセット「タルキール覇王譚」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードは歴史改変前のタルキール次元に属している。

集団縮退(Mass Diminish)

Transformed from brute to cute.
最強愛嬌に変える。
引用:集団縮退(Mass Diminish)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

集団縮退(Mass Diminish)

カードギャラリーより引用

集団縮退(Mass Diminish)は新規カード。

フレイバー・テキストの原文は「brute」と「cute」で韻を踏んでいる。「brute」は「理性のない、獣性」で、「cute」は「かわいい、きれい」といった意味。つまり、原文は「けだものを可愛らしい姿へと変える」くらいの含みである。一方の和訳版では、「最強」と「愛嬌」で韻を踏んでいる。原文の正確な意味合いよりも音の面白さを活かそうと工夫している。

川のケルピー(River Kelpie)

川のケルピー(River Kelpie)

カードギャラリーより引用

川のケルピー(River Kelpie)はカードセット「シャドウムーア」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはシャドウムーア次元に属している。

層雲の踊り手(Stratus Dancer)

層雲の踊り手(Stratus Dancer)

カードギャラリーより引用

層雲の踊り手(Stratus Dancer)はカードセット「タルキール龍王伝」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはタルキール次元オジュタイに属している。

突然の置換(Sudden Substitution)

“Bow before the might of–wait, what?”
「力の前にひれ伏……な、何だ?」
引用:突然の置換(Sudden Substitution)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

突然の置換(Sudden Substitution)

カードギャラリーより引用

突然の置換(Sudden Substitution)は新規カード。

空召喚士ターランド(Talrand, Sky Summoner)

「海は広大だが、空はそれ以上に広大だ。その両方を統べることができるなら、なぜ1つの王国に満足しようか?」
引用:空召喚士ターランド(Talrand, Sky Summoner)のフレイバー・テキスト

空召喚士ターランド(Talrand, Sky Summoner)

カードギャラリーより引用

空召喚士ターランド(Talrand, Sky Summoner)はカードセット「基本セット2013」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

ターランドはシャンダラー次元のマーフォークの魔術師である。

統率者2019ドレイク・トークン

公式記事より引用
ターランドの呼び出すドレイクを表したトークン

思考スポンジ(Thought Sponge)

思考スポンジ(Thought Sponge)

カードギャラリーより引用

思考スポンジ(Thought Sponge)は新規カード。

クリーチャー・タイプの「スポンジ」はこのカードで2種類目の希少タイプである。カードセット「ウルザズ・レガシー」の歩く海綿(Walking Sponge)以来、20年ぶりの新種登場となった。ちなみに、この場合の「スポンジ」とは「海綿動物」のことを指している。

歩く海綿(Walking Sponge)

カードデータベースGathererより引用
歩く海綿(Walking Sponge)

千の風(Thousand Winds)

千の風(Thousand Winds)

カードギャラリーより引用

千の風(Thousand Winds)はカードセット「タルキール覇王譚」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードは歴史改変前のタルキール次元に属している。

ヴェズーヴァの多相の戦士(Vesuvan Shapeshifter)

ヴェズーヴァの多相の戦士(Vesuvan Shapeshifter)

カードギャラリーより引用

ヴェズーヴァの多相の戦士(Vesuvan Shapeshifter)はカードセット「時のらせん」からの再録カード。イラストは差し変わっている。

このカードはドミナリア次元ドメインズ地方ヴェズーヴァ島のシェイプシフター(変身生物)である。イラストにはそっくりな姿の2人の人物が描かれているが、向かって右がシェイプシフター本人である(足元を見ると、ドミナリアの変異魔法の特徴である変異蜘蛛の足が確認できるため)。また、今回刷新されたイラストの背景はおそらくヴェズーヴァ島である。

なりすましの壁(Wall of Stolen Identity)

なりすましの壁(Wall of Stolen Identity)

カードギャラリーより引用

なりすましの壁(Wall of Stolen Identity)は新規カード。



青神話レア

賢いなりすまし(Clever Impersonator)

「自我こそが悟りの境地に至るための最大の障害である。」
–ジェスカイのカン、ナーセット
引用:賢いなりすまし(Clever Impersonator)のフレイバー・テキスト

賢いなりすまし(Clever Impersonator)

カードギャラリーより引用

賢いなりすまし(Clever Impersonator)はカードセット「タルキール覇王譚」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードは歴史改変前のタルキール次元に属している。

統率者2019:青カードの関連記事

カード紹介:統率者2019
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「統率者2019」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。