灯争大戦:古呪

スポンサーリンク

古呪(The Elderspell)カードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カードである。

古呪の解説

The path to power is often paved with atrocities.
権力へ至る道には残虐行為が敷き詰められている。
引用:古呪(The Elderspell)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

古呪(The Elderspell)

データベースGathererより引用

古呪(The Elderspell)は灯争大戦のストーリー「第三幕第一場(Act3, Scene1)」1を表すカードである(WAR Story Scenes参照)。

古呪はニコル・ボーラス(Nicol Bolas)が仕組んだ大戦の最大の狙い。ラヴニカ次元に誘引したプレインズウォーカーたちから永遠衆が「灯」を収穫してボーラスのもとへと集める。大修復で失われた全能の力を取り戻そうと企むボーラスは成功するのだろうか?→龍神、ニコル・ボーラス(Nicol Bolas, Dragon-God)

カード・メカニズム上では、望む数のプレインズウォーカーを破壊して、自分のプレインズウォーカーの忠誠度カウンターへと変換してしまう。ストーリー上での挙動を忠実にゲームに落とし込んで再現している。



古呪と灯のコンセプトデザイン

イラストレイターのDaarkenは古呪と灯のコンセプトデザインをTwitter上で公表している→こちら

飛翔する灯の光の揺らめき、ボーラスに集積される様子が描かれている。

灯争大戦のストーリー

第三幕第一場

  1. 灯の収穫(Spark Harvest)注目のストーリーカード
  2. 悪への引き渡し(Deliver Unto Evil)注目のストーリーカード
  3. 古呪(The Elderspell)注目のストーリーカード
  4. 終局の始まり(Commence the Endgame)
  5. 龍神、ニコル・ボーラス(Nicol Bolas, Dragon-God)

古呪の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. なぜかカード上の記載は「第二幕(ACT2)」である。