ドミナリア:カー砦のコボルド

スポンサーリンク

カー砦のコボルド(Kobolds of Kher Keep)カードセット「レジェンド」初出のクリーチャーである。

今回はドミナリア次元のカー砦(Kher Keep)に居住するコボルドと、カー地方に君臨するドラゴン、プローシュ(Prossh)について取り上げる。

カー砦のコボルドの解説

Kher Keep is unique among fortresses: impervious to aerial assault but defenseless from the ground.
カー砦は要塞の中でも珍しい部類だ。空からの襲撃に動じることはない一方で、地上の守りはからっきしなのだ。
引用:Kobolds of Kher Keepのフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が私家訳

Kobolds of Kher Keep

Kobolds of Kher Keep
データベースGathererより引用

Kobolds of Kher Keepつまりカー砦のコボルドカードセット「レジェンド」収録のクリーチャー・カードである。カー砦のコボルドは、ドミナリア次元テリシア地方カー分水嶺の山中にあるカー砦(Kher Keep)を住み処とするコボルドだ。

カー砦のコボルド・トークン

カー砦のコボルド・トークン
公式記事The Tokens of Dominaria Unitedより引用

このカード自体は和訳され印刷されたことが無いのだが、同名のコボルド・トークンを生成するカードが複数存在しているために、そちらで「カー砦のコボルド」と和訳されている変わった存在なのだ。



カー砦のコボルドの設定

カー砦のコボルドの設定は、この種族に関係する伝説のクリーチャー・カードの解説記事に見ることができる(解説記事リンク1リンク2リンク3)。それらの情報をまとめると以下の通りだ。

カーの空奪い、プローシュ(Prossh, Skyraider of Kher)

カーの空奪い、プローシュ(Prossh, Skyraider of Kher)
データベースGathererより引用

カー砦(Kher Keep)に住むコボルドは偉大なるドラゴン、プローシュ(Prossh)を神同然に崇拝している。信仰の中心教義は、神に相応しい振る舞いをせよ。すなわち、略奪し、焼き払い、通った後に恐怖を撒き散らすのだ。この理想に生きるコボルドは、プローシュの卵からドラゴンとして生まれ変われると信じられているほどだ。

また、コボルドの信者の中には、同胞の助命のために神たる「大首領様(His Mighty Overlordship)」に自分の身を捧げる者もいる。プローシュは飽くなき捕食者であり、信者の死はその力をさらに強めることとなる。

カー砦のコボルドのキャラクターとして、伝説的な暴君ロフガフフ(Rohgahh)、その息子のログラクフ(Rograkh)、遠い子孫のロズナクフト(Rosnakht)が知られている。

ドミナリア:カー砦のロフガフフ
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のキャラクター「カー砦のロフガフフ(Rohgahh of Kher Keep)」を紹介。レジェンドで初登場し、団結のドミナリアではリデザインされた。息子のログラクフ(Rograkh)、遠い子孫のロズナクフト(Rosnakht)も取り上げる。

コボルドの身体的特徴

カー砦のコボルド・トークン

カー砦のコボルド・トークン
公式記事The Tokens of Dominaria Unitedより引用

ドミナリア次元のコボルドは様々な外見をしているものの、一般的には小型で非力な人型種族である。

肌の色は赤、青、緑、黒とこちらも幅が広い。親子関係でも肌の色が違う例が確認できる(ロフガフフとログラクフ)。

初出時のカードセット「レジェンド」時には赤い肌のコボルドが大半であった。カードセット「時のらせん」以降では、種族的な統一された特徴として、大きな鼻と、真横に長く突き出た三角の耳を持つ種族として描かれている。

カー砦のコボルドのフレイバー・テキスト

Kher Keep is unique among fortresses: impervious to aerial assault but defenseless from the ground.
カー砦は要塞の中でも珍しい部類だ。空からの襲撃に動じることはない一方で、地上の守りはからっきしなのだ。

カー砦のコボルドのフレイバー・テキストを解釈する。

カー砦プローシュの設定が拡充した現在の視点から見ると、空はドラゴンがいるため難攻不落だが、地上には非力なコボルドばかりで守りが弱い、との意味合いに理解できる。

しかし、プローシュはカー砦のコボルドよりも18年も経ってから登場したキャラクターであるから、初出時には違った含みを持った文章だったと考えられる。

Roc of Kher Ridges

Roc of Kher Ridges
データベースGathererより引用

カードセット「レジェンド」当時には、カー地方に関するカードはコボルドを除けば、カードセット「リミテッドエディション(基本セット第1版)」収録のRoc of Kher Ridgesしか存在していなかった。だから、当初はこのロック鳥がカー砦の空の守りと想定されていたのだろう。

次の節では、カー砦の地図上の位置を確認し、カード化したカー砦を見てみよう。

カー砦

ドミナリア地図(カー分水嶺)

カー分水嶺1(Kher Ridges)はドミナリアの北半球、テリシア群島の新アルガイヴに位置する。

現代テリシア地図

現代テリシア地図
カー砦(Kher Keep)は地図の右側の新アルガイヴ島(New Argive)の下端付近にある
公式記事Dominarian Cartographyより引用

カー砦(Kher Keep)は新アルガイヴ島の山脈地帯であるカー分水嶺の南部に築かれた要塞である。

カーの山脈一帯はドラゴンのプローシュ(Prossh)が君臨しており、カー砦にはプローシュを崇拝するコボルドが住んでいる。

カードとしてのカー砦

“They’re still here?! The cockroach may have finally met its match.”
–Teferi
「まだいたのか?! ゴキブリもついに敵とご対面か。」
–テフェリー
引用:カー砦(Kher Keep)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

カー砦(Kher Keep)

カー砦(Kher Keep)
データベースGathererより引用

カー砦(Kher Keep)はカードセット「時のらせん」初出の伝説の土地カードである。

このカードは、裂け目時代(AR4306-4500年)のカー砦を表したものだ。ドミナリア次元全体が荒廃し尽くしたこの時代にあってもカー砦のコボルドはしぶとく生き延びていたのだ。

フレイバー・テキストを見ると、テフェリー(Teferi)はこの砦とコボルドの在り様を見て、「ここにまだいたのか?!ゴキブリもついに好敵手を得たな。2と驚きを示した。

それから60年が経ったAR4560年にはドミナリアは世界的な復興を成し遂げた。カー砦も同じである。この年にはプローシュと配下のコボルドは、新アルガイヴの首都アーギヴィーアに攻撃を計ったが、ヤヤ・バラード(Jaya Ballard)の支援を受けたアルガイヴの兵団に阻まれた。

本拠地カー砦の次は、コボルドの神であるドラゴンのプローシュを解説しよう。

カーの空奪い、プローシュ

カーの空奪い、プローシュ(Prossh, Skyraider of Kher)

カーの空奪い、プローシュ(Prossh, Skyraider of Kher)
データベースGathererより引用

カーの空奪い、プローシュ(Prossh, Skyraider of Kher)はカードセット「統率者2013」初出の伝説のクリーチャー・カードである。

プローシュはテリシアのカー地方に君臨するドラゴン男性で、カー砦のコボルドから神として崇められている。プローシュの支配がいつの頃から始まったのか不明であるが、AR4562年現在でもこの飽くなき捕食衝動を抱えた暴君は健在である。

プローシュ自身の設定は公式解説記事(リンク)で語られている。以下の通りだ。

プローシュは毎日夜明けに空を舞い、獲物を追い、自分のものだと主張する土地を監視して回る。遠方からドラゴンの羽ばたきが聞こえてくると、領民たちは慌てふためき、ドラゴンの炎から身を守れる避難場所を探して走り回る。もしたった1人でも狩人が縄張りを侵せば、プローシュはその罰に村を丸ごと更地にしてしまう。貢ぎ物を納めぬ者ならば、生きたまま焼かれることになる。

カーのドラゴン

カー峠の災い魔(Scourge of Kher Ridges)

カー峠の災い魔(Scourge of Kher Ridges)
データベースGathererより引用

カー地方のドラゴン・カードやトークンには、プローシュと同じ特徴を備えたイラストが描かれている。

カードセット「未来予知」のカー峠3の災い魔(Scourge of Kher Ridges)カードセット「団結のドミナリア」のドラゴン・トークンが該当する。

団結のドミナリアのドラゴン・トークン

団結のドミナリアのドラゴン・トークン
公式記事The Tokens of Dominaria Unitedより引用

頭からうねりを伴い曲った長い角を複数生やし、全体的に暗い体色を示し、両翼の翼膜は炎を噴き上げている。明らかにプローシュの同族である。あるいは、プローシュがカーのドラゴンの祖なのかもしれない。

カー地方のプローシュとドラゴンを語り終えた。最後はカー砦とコボルド、プローシュの起源を時代考証する。



考証:カー砦のコボルドとプローシュの起源

コボルドのカー砦がいつ建造されたものか、カー分水嶺に君臨するドラゴンのプローシュがいつ現れたのか、時代を特定できるほどの情報はない。伝説のカー砦のコボルドであるロフガフフおよび息子のログラクフがいつの時代の人物であるかも不明である。

ただし、アンティキティー戦争期をかなり詳細に描写した小説The Brothers’ Warでは、カーはロック鳥の存在が語られる程度であったし、カーの山脈内での戦争行為は発生していたがプローシュやコボルドが関わってくるといった状況も皆無であった。それどころかドラゴンやコボルドの言及すら作中には出て来ない。

具体的には作中描写を読むとカー分水嶺を越えて進軍したり、飛行機械編隊が上空を飛んだり、山中が戦場になったり、山腹や峡谷に前哨地や塔が建設されたりしていた。縄張り意識の高いプローシュがこうした狼藉に一切口を挟んで来ないのは不自然である。

単に語られていない行間に存在していた可能性もあろうが、カー砦のコボルドとプローシュはまだここにおらず、兄弟戦争後の暗黒時代かそれ以降に起源があると考えるのが妥当に思える。

視点を変えて、カー砦のカードのフレイバー・テキストに着目すると、テフェリーがカー砦とコボルドを知っていたことが分かる。テフェリーがAR4205年にドミナリアを離れてAR4500年に戻ってきて、それからの発言となる。したがって、カー砦とコボルドはAR4205年のファイレクシア侵略戦争以前には既知の存在だったことになる。

以上をまとめると、カー砦とコボルド、プローシュの起源は暗黒時代から近代まで、AR64-4204年の期間のどこかの時点にあると考えられる。

AR4562年現在のドミナリアには、氷河期が終わって気候が温暖化してから(AR2935年以降に)興った国家や文明が存続していることが多い。カー砦のコボルドも同じなのかもしれない。

カー砦のコボルドの関連記事

カー砦のコボルドの伝説的暴君ロフガフフ

ドミナリア:カー砦のロフガフフ
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のキャラクター「カー砦のロフガフフ(Rohgahh of Kher Keep)」を紹介。レジェンドで初登場し、団結のドミナリアではリデザインされた。息子のログラクフ(Rograkh)、遠い子孫のロズナクフト(Rosnakht)も取り上げる。

カードセット「レジェンド」関連のリスト

レジェンド
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「レジェンド」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 公式和訳では「カー峠」であるが、世界地図にもはっきりと記されるほどの山脈地帯を「峠」と訳す感覚は普通ではないだろう。本サイトでは、この山脈は「カー分水嶺」と訳している。
  2. 和訳では「ゴキブリもついに敵とご対面か。」となっているが、「The cockroach may have finally met its match.」の「meet one’s match」で「好敵手に会う」「対等の立場に出会う」といった意味がある
  3. 繰り返しになるが、公式が「カー峠」と訳している地域は「峠」とは程遠い山脈地帯である。本サイトにおいて「カー分水嶺」と訳している。