灯争大戦:敬慕される炎魔道士、ヤヤ

スポンサーリンク

敬慕される炎魔道士、ヤヤ(Jaya, Venerated Firemage)はカードセット「灯争大戦」収録のプレインズウォーカー・カード。

敬慕される炎魔道士、ヤヤの解説

敬慕される炎魔道士、ヤヤ(Jaya, Venerated Firemage)

カードギャラリーより引用

敬慕される炎魔道士、ヤヤ(Jaya, Venerated Firemage)は灯争大戦のストーリー「第二幕七場(Act2, Scene7)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

ヤヤ・バラード(Jaya Ballard)はドミナリア次元出身の人間女性のプレインズウォーカー。有名な紅蓮術師1でもある。レガーサ次元の紅蓮術師の僧院ケラル砦では、ヤヤは聖人としてあがめられ彼女の教えが語り伝えられている。

ヤヤはつい最近まで姿を隠していたため、故郷ドミナリアではすでに亡くなったと思われていた。しかし、実はケラル砦のマザー・ルチの正体こそがヤヤ・バラード本人であった。カードセット「ドミナリア」のストーリーで、弟子のチャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)に正体を知られて以降は、友人のカーン(Karn)と一緒にゲートウォッチの協力者となって行動を共にしている。

ヤヤは1995年発売のカードセット「アイスエイジ」のフレイバー・テキストで初登場した。MTGの歴史においては、灯争大戦に登場するキャラクターの中でニコル・ボーラス(Nicol Bolas)に次いで2番目に歴史のある古いキャラクターである。

また、設定年齢においても、ドミナリア氷河期末期AR2915年頃の生まれ2であることから、灯争大戦現在で1650歳近くと灯争大戦のキャラクターでも上位に食い込む(ただし、ヤヤより年上となると、ボーラスとウギン(Ugin)の双子が2万5000歳以上で最年長、ニヴ=ミゼット(Niv-Mizzet)16768歳ラクドス1万歳以上ソリン(Sorin)ナヒリ(Nahiri)少なくとも6000歳以上…とちょっとレベルが違う)。

経験を積んだ老獪な紅蓮術師として、伝説的なプレインズウォーカーとして、そしてチャンドラを導く師匠としても、ヤヤ・バラードはゲートウォッチの頼もしい味方である。



ヤヤの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でヤヤが関係するカード

灯争大戦のストーリー

第二幕第七場

ストーリー「第二幕七場」ではチャンドラ・ナラーを中心とした関係者がまとまっている。チャンドラの出身カラデシュ次元のサヒーリとドビン。チャンドラの師であるヤヤ・バラードとその友人カーンである。

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、ヤヤ・バラードはカードセット「ドミナリア」のストーリーに引き続きゲートウォッチの面々と行動を共にしている。ヤヤとカーン(Karn)はゲートウォッチでなく協力者として。カラデシュ次元のチャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)の実家に集合した一同は次元間ビーコン発信を受けてラヴニカへと来訪することになる。
答え合わせ(ネタバレ注意)
灯争大戦のストーリー「第二幕七場」に揃ったプレインズウォーカーたちが、小説War of the Spark: Ravnicaで全員一堂に会して物語上で何かを成すことはなかった。ドビン・バーン(Dovin Baan)不滅の太陽(Immortal Sun)攻略にはサヒーリ(Saheeli)とチャンドラが割り当てられているがヤヤとカーンはそれぞれで別の任務を担当することになった。
答え合わせ(ネタバレ注意)
ヤヤはジェイス・ベレレン(Jace Beleren)テフェリー(Teferi)ビビアン・リード(Vivien Reid)と共同して、リリアナ・ヴェス(Liliana Vess)抹殺任務に就いた。
ジェイスのテレパシーによる指令、ビビアンの弓とスカラの精霊体の生き物、ヤヤの火炎魔法、テフェリーの時間操作、これらを同時にぶつけて攻め立てたものの、リリアナを殺しきれなくて任務は失敗する。
答え合わせ(ネタバレ注意)
小説中のヤヤは、正確で強力な紅蓮術の腕前を誇る「ベテラン」とチャンドラを導く「師匠」という与えられた「物語上の役割」をこなしている。台詞も登場場面も見せ場もそれなりにあるものの、主体的に物語を動かしてはおらず、準主役級より一歩引いた立ち位置であった。
作中の扱いはカーンやアングラス(Angrath)と同程度といったところ。テフェリーよりはかなりましである(ゲートウォッチであるにもかかわらず時間操作の「能力ばかりが便利遣いされている」印象が残る)。

敬慕される炎魔道士、ヤヤの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. Pyromancer:炎を操る魔法使いのこと
  2. 小説The Eternal Ice小説The Shattered Allianceの情報から計算できる