カード紹介:マーフォークの秘術師

スポンサーリンク

マーフォークの秘術師(Merfolk Thaumaturgist)はカードセット「次元の混乱」に初収録されたクリーチャー・カード。

マーフォークの秘術師の解説

“Blasted fishtails It’s not enough that they meddle with my head, but they twist my body as well.”
–Tahngarth of the Weatherlight
ふざけた魚の尻尾野郎が! 俺の頭をいじっただけじゃ足りなくて、身体までいじり回しやがった!
–ウェザーライト号のターンガース
引用:マーフォークの秘術師(Merfolk Thaumaturgist)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

マーフォークの秘術師(Merfolk Thaumaturgist)

データベースGathererより引用

ターンガースと魚のシッポどもシリーズその2。→その1はこちら

この一連のフレイバー・テキストは、ウェザーライト号がトレイリア島の海岸に停泊するまでの攻撃的なマーフォークとの遭遇を描いている。ウェザーライト号副長ターンガースがマーフォークを「魚のシッポども(fishtails)」と悪態をついているのが特徴である。

このカード「マーフォークの秘術師(Merfolk Thaumaturgist)」はウェザーライト号が遭遇したヴォーデイリア帝国のマーフォーク魔術師の一員である。フレイバー・テキストにあるように「幻術師」が精神的に翻弄した後にこの「秘術師」がさらに魔法で肉体的に干渉してきたのだ。これでもウェザーライト号を止められないので、マーフォークは次には「ペット」を送り込んでくる。→その3



翻訳に統一感がなく残念

このカードは「ターンガースと魚のシッポども」シリーズの1枚ではあるが、カードセット「ウェザーライト」から10年後の「次元の混乱」で後から追加挿入されたカードである。10年の隔たりがあるにもかかわらず、ストーリーの流れにはすっぽりとハマるようになっている。その一方で、和訳版では翻訳が「魚のシッポども」ではなく「魚の尻尾野郎」と変更されてしまっており、統一感が無くて残念である。

マーフォークの秘術師のストーリー

短編集Rath and Storm短編Ertai’s Taleにおいて、ごく短く触れられている。→こちらを参照。

マーフォークの秘術師の関連記事

ターンガースと魚のシッポども関連のリスト

カード紹介:ターンガースと魚のシッポども
様々な製品に収録されたカードの中から「ターンガースと魚のシッポども」に関するカードをピックアップしてストーリーや設定を解説。ついでにトレイリア島周辺に住むマーフォークについても考察する。