灯争大戦:新生化

スポンサーリンク

新生化(Neoform)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

新生化の解説

新生化(Neoform)

カードギャラリーより引用

新生化(Neoform)はシミック連合の生術(biomancy)。

カードのメカニズム的には、クリーチャーを生け贄にして、別のもう少し良いクリーチャーに取り換える機能となっている。しかし、シミック的な生術の観点から読み解くと、元のクリーチャーに別の生物の要素を適応させて、人為的な進化改良を行っている。カードとしては別のカードになるが設定的には元のクリーチャーの「Neoform」すなわち「新たな姿」なのだ。

イラストでは、素体のエルフ男性は複数種の生物を取り込んだ混種化している。両肩からは長い触手(植物的な蔓か?)、前腕部は甲殻類的な貼り出した殻とトゲ、全身に虎縞模様が浮き出ている。背後にうっすらと見える2つの球形は混種の培養室だろうか。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaには、シミックの生術による混種化自体を表す描写はないが、その成果物は登場している。具体的には、生術師であり自身も混種であるヴォレル(Vorel)が前線で指揮をする活躍を見せるほか、シミックの超人兵士やバイオ戦士が戦力として投入されている。

新生化の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。