モダンホライゾン:炎の拳

スポンサーリンク

炎の拳(Fists of Flame)はカードセット「モダンホライゾン」収録のインスタント・カード。

炎の拳の解説

“Fire has always been my most faithful companion.”
–Jared Carthalion
「炎はずっと、私の頼れる相棒だ。」
–ジャレッド・カルサリオン
引用:炎の拳(Fists of Flame)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

炎の拳(Fists of Flame)

カードギャラリーより引用

炎の拳(Fists of Flame)のフレイバー・テキストに注目。

ジャレッド・カルサリオン(Jared Carthalion)」は1995年~1996年のARMADAコミックシリーズの主人公を務めたキャラクターである。カードには今回が初登場となる。

ジャレッドが主役となったのはドミナリア次元コロンドール大陸を舞台としたThe Shadow Mageシリーズ全4誌続編Wayfarerシリーズ全5誌。ジャレッドのコミックシリーズは宿敵ラヴィデル(Ravidel)との戦いの物語である。

メルメレス城(Castle Melmereth)の王子となるべく生まれたジャレッドだが、産まれて間もない赤ん坊の時に父アダム・カルサリオン(Adam Carthalion)と母グェンドリン・カルサリオン(Gwendolyn Carthalion)をラヴィデルの侵略で喪ってしまう。逃げのびて父の家臣の下で成長するジャレッドは魔術と剣を習得し、コロンドールの脅威となる暴君ラヴィデルに立ち向かって行く。

カルサリオンの血統

カルサリオンはドミナリアの上座ドルイド(Elder Druid)の血統にある一族。身体のどこかに三日月形の紋があるのが一族の証明である(ジャレッドの場合は右頬にある)。

ジャレッドのコミックが展開している中でカルサリオン一族の設定は広がりを見せた。コミック版Ice Ageでは先祖のジェイソン・カルサリオン(Jason Carthalion)とジェウール・カルサリオン(Jaeuhl Carthalion)が登場し、カードセット「アライアンス」のストーリーではコミックのストーリーに続くその後のジェウールの行動が描かれることになった。ジェウールはドミナリア上座ドルイドの三日月の紋を持つケイサ(Kaysa)と結ばれる。ジェウールとケイサの娘ジャシャ(Jasha)はPCゲームBattlemageに言及がある。

そして、ARMADAコミックでも末期に当たるコミックDakkon Blackbladeでは、一族の祖となる人物カース(Carth)とカルサリオン家の始まりが語られることになった。カースは黒き剣のダッコンの相棒である。

さらに、コミック展開が終了して22年後、2018年発売のカードセット「ドミナリア」では一族の末裔ジェンソン・カルサリオン(Jenson Carthalion)の名前も見られた。


炎の拳のフレイバー・テキスト

「炎はずっと、私の頼れる相棒だ。」
–ジャレッド・カルサリオン

炎とジャレッドにはどのような関係があるのか?実はコミックでジャレッドが、ラヴィデルの最初の刺客との戦闘で放ったのが赤の爆破(Detonate)呪文なのだ1。弱冠7歳のジャレッドにはこの攻撃魔法は荷が重く、自身の左拳も痛めてしまう(炎と拳がここで繋がる?)

コミックThe Shadow Mage vol.1より

コミックWayfarer vol.1より
フレイバー・テキストの引用元

15歳に成長したジャレッドはすでに赤魔法を使いこなしている。作品中では分解(Desintegrate)稲妻(Lightning Bolt)などの攻撃呪文をかけている(これらはジャレッドが習得している魔法のほんの一部である)。

そして、コミックはThe Shadow Mageから新シリーズWayfarerに突入した第1話にて、このカード炎の拳のフレイバー・テキストに引用された台詞が登場することになる。

“Fire has always been my most faithful companion.”

コロンドール大陸ストーンヘイヴン(Stonehaven)東部のアーラン平原(Plains of Urlan)で遭遇した雷のスピリット(Thunder Spirit)との1対1での対決での一場面である。

このスピリットは手強くなんとか撤退させるが、傷つき疲労したジャレッドはハマス(Hamath)の街に立ち寄ることとなる。そこで為政者とひと悶着あったところをプレインズウォーカーのクリスティナに救われる。クリスティナはマナの何たるかを教示する魔法の師匠となり、後に恋人となる運命の女性であった…。

炎の拳のイラスト

イーサン・フライシャー(Ethan Fleischer)Twitterのコメントにおいて、このカードのイラストの人物がジャレッド自身かという質問に対して、違うと返答した。理由は、ジャレッドだったなら、産まれの証の三日月の紋をはっきり示すべきであるだろうし、(冗談めかして)ロッカー風の髪型を覆い隠すなんてとんでもないよ、と。

Jeff Gomezの願い

ARMADAコミックにおいて、コロンドール大陸の基幹となる諸設定を生み出したジェフ・ゴメス(Jeff Gomez)は、Twitterのコメントでジャレッドのを覚えてくれたことに感謝の意を表明し、更なるコメントでフレイバー・テキストの引用元であるコミックのオリジナルアートを担当したヴァル・メヤリック(Val Mayerik)の名も挙げた。

またジェフ・ゴメスは別のコメントでいつかジャレッドがカードのイラストにも登場することを夢想していると語った。

炎の拳の関連記事

カードセット「モダンホライゾン」関連のリスト

カード紹介:モダンホライゾン
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「モダンホライゾン」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 敵は別の呪文でアーティファクト化していたので「爆破」で倒すことができた