Planeswalker’s Guide to Eldraine

スポンサーリンク

公式サイトでエルドレインの王権のワールドガイド記事「Planeswalker’s Guide to Eldraine」が掲載された。

Planeswalker’s Guide to Eldraineの解説

公式記事Planeswalker’s Guide to Eldraineより引用

記事Planeswalker’s Guide to Eldraineはカードセット「エルドレインの王権」の舞台であるエルドレイン次元の総括的なワールドガイドである。担当ライターはChris Mooneyである。

記事は大きく分けて前半の「王国(The Realm)」と後半の「僻境(The Wilds)」で構成されている。

王国

王国のパートでは、5宮廷をアーデンベイル、ヴァントレス、ロークスワイン、エンバレス、ギャレンブリグの順に解説している(MTGの色の順番)。各宮廷は全体説明から始まり美徳と騎士を解説し、その後にはその宮廷の重要人物や秘宝、場所などをピックアップして説明している。

僻境

そして後半の僻境のパートになると、僻境の全体解説から始まり、僻境住人である「The Fair Folk」の説明へと移る。フェイ、マーフォーク、魔女、ドワーフ、レッドキャップ、巨人、エルフ、探索する獣に項目を分けて解説がされている。

イラスト

各所に差し込まれたイラストは、カードイラストの他に、コンセプトアートやスタイルガイドと思われるものである。騎士の装束設定や宮廷の要所や秘宝の全体像なども含まれている。おそらくこの記事が初公開と思われるものも多い。

既存情報との食い違い

実は今回のワールドガイドの記述は、既存の公式情報と食い違いが散見される。ただ、既存情報は公式といってもカード開発側からの情報発信であった。ストーリーや世界設定を担当するクリエイティブ部門のものではなかった。

したがって、エルドレイン次元の正式設定としては、クリエイティブ記事であるPlaneswalker’s Guide to Eldraineの記述が既存情報よりも優先されるべきものとなる。

例えば、マーク・ローズウォーターは公式サイト記事や自身のブログにおいて、エルドレインの設定的なコメントをしており、食い違いが生じている。トーブランはエンバレスの指導者であるなど。ローズウォーターは最終決定のクリエイティブ設定や小説を確認せずに、カードセット制作の当初デザインを基に語っているとしか思えない(こういう事態は今度が初めてというわけでもない)。公式がこれでは本当に困る。

今後、本サイトはPlaneswalker’s Guide to Eldraineに従って情報を正しい形に書き換えていく予定である。

エルドレインの王権のアートブック

近年はカードセットの舞台次元が登場するたびにアートブックが刊行されていた。しかし、エルドレインの場合は発注されていないことが、これまでのアートブック担当者のコメントで明かされていた。

そして今回の記事Planeswalker’s Guide to Eldraineが掲載されたところで、Chris Mooneyの証言により、エルドレインのアートブックは発売されないと明言された(出典)。

完全にアートブックの望みが潰えた。買い支えできなかったか…無念である。

Planeswalker’s Guide to Eldraineの関連記事

カードセット「エルドレインの王権」関連のリスト

カード紹介:エルドレインの王権
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「エルドレインの王権(Throne of Eldraine)」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。