灯争大戦:蔓延する蛮行

スポンサーリンク

蔓延する蛮行(Widespread Brutality)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

蔓延する蛮行の解説

蔓延する蛮行(Widespread Brutality)

カードギャラリーより引用

蔓延する蛮行(Widespread Brutality)は灯争大戦のストーリー「第一幕第二場(Act1, Scene2)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

カード名に「Widespread(広範囲に及ぶ、広く行き渡った)」とあるように、戦慄衆による蛮行がラヴニカの都市に深く浸透するように広がっていく様子。戦闘領域は拡大の一途をたどっているようだ。

イラストでは、周囲に火炎放射による破壊を振りまく戦慄衆が通りの奥に居り、そこから逃げ惑うラヴニカの住人たちがいる。



灯争大戦のストーリー進行

第一幕第二場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、戦慄衆の軍団はラヴニカ次元の中心部である第10地区を戦場として、このカードのイラストのように母親や子供でも見境なく襲って命を奪っていく。戦闘領域は拡大していくが、なぜか戦慄衆は屋内には踏み込んでいかなかった。これは戦慄衆をコントロールするリリアナ・ヴェス(Liliana Vess)の指示でありニコル・ボーラス(Nicol Bolas)へのささやかな反抗であった。

蔓延する蛮行の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。