灯争大戦:始源のワーム

スポンサーリンク

始源のワーム(Primordial Wurm)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。初出はカードセット「ドミナリア」。

始源のワームの解説

鍛え抜かれ、心から献身し、ラゾテプで身を包んでいるとはいえ、彼ら侵入者が一口大だという点は変わりなかった。
引用:始源のワーム(Primordial Wurm)のフレイバー・テキスト

始源のワーム(Primordial Wurm)

カードギャラリーより引用

始源のワーム(Primordial Wurm)はラヴニカに生息するワームの一種。

永遠衆の全身を包むラゾテプ装甲の防御力に挑戦するカードの内の1枚であり、永遠衆をかじったり、噛みついたり、食べようとしているカードの1枚でもある。フレイバー・テキストによると、鍛え抜かれラゾテプ装甲に身を包んでいたとしても、永遠衆などこのワームにとって一口大の獲物に過ぎない。

カードとしての初出は「ドミナリア」だが、イラストを比較するとその形態は似ていない。ドミナリア産は頭部形状がドラゴンに近い(ドミナリアのワームによくみられる特徴)。ラヴニカ産は体側面に棘状突起が並んで生えている。

ゲーム的には名称とスペックが一致するが、生物的には同一種には見えないという例は、実はそれほど珍しくはない。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにワームは1体も出てこない。

始源のワームの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。