灯争大戦:サルカンの浄化

スポンサーリンク

サルカンの浄化(Sarkhan’s Catharsis)カードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カードである。

サルカンの浄化の解説

“You once brought havoc to my home and ruined my mind. I’m here to return the favor, Bolas.”
「お前はかつて我が故郷を破壊し私の精神を蝕んだ。その礼をしにきたぞ、ボーラス。」
引用:サルカンの浄化(Sarkhan’s Catharsis)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

サルカンの浄化(Sarkhan's Catharsis)

データベースGathererより引用

サルカンの浄化(Sarkhan’s Catharsis)はプレインズウォーカー「サルカン(Sarkhan)」の名前を冠するカード。

サルカン・ヴォル(Sarkhan Vol)はドラゴンに関する魔法を得意としている。自分の肉体をドラゴンに変化させる魔法、特に両手をドラゴンの頭部に変身させて、炎の息を吹きかける攻撃方法は今まで何度もカードに描かれているお馴染みの光景なのだ。

イラストで、サルカンが居る場所は「瞑想領土(Meditation Realm)」に見える。フレイバー・テキストでは、サルカンは故郷タルキールに破壊をもたらし、自分の精神を蝕んだニコル・ボーラス(Nicol Bolas)への宣戦布告をしている。ボーラスの支配する瞑想領土に炎を振りまくサルカンの行動の真意とは何であるのだろう?

ちなみにサルカン本人をカード化した主無き者、サルカン(Sarkhan the Masterless)の通常版にはフレイバー・テキストが存在しないが、「Magic: The Gathering Arena(マジック:ザ・ギャザリング アリーナ)」のステンドグラス・デザイン版には特別にフレイバー・テキストがつけられている。ただし、他のプレインズウォーカーたちと違って、サルカンのフレイバー・テキストはこのサルカンの浄化からのただの引用である。



サルカンの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でサルカンが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでもサルカン・ヴォル(Sarkhan Vol)は両手をドラゴンに変化させて炎で敵を焼き尽くす。ただし、場所は「瞑想領土(Meditation Realm)」ではなく「ラヴニカ」で、対象は永遠衆であった。
答え合わせ(ネタバレ注意)
サルカンと瞑想領土との関係性は、このカードのイラストのように火炎放射するような直接破壊ではなかった。ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)を打倒するために、サルカンは多方面でウギン(Ugin)に協力しており、「瞑想領土」をボーラスを封じる「牢獄領土(Prison Realm)」へと変える手助けも行っていた。

サルカンの浄化の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。