灯争大戦:石の嵐、ナヒリ

スポンサーリンク

石の嵐、ナヒリ(Nahiri, Storm of Stone)はカードセット「灯争大戦」収録のプレインズウォーカー・カード。

石の嵐、ナヒリの解説

石の嵐、ナヒリ(Nahiri, Storm of Stone)

カードギャラリーより引用

石の嵐、ナヒリ(Nahiri, Storm of Stone)は灯争大戦のストーリー「第二幕第三場(Act2, Scene3)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

ナヒリ(Nahiri)はゼンディカー次元出身のコー1女性のプレインズウォーカー。ただの岩石から精緻な武器や道具を作り出す「石鍛冶」技術の達人であり、石術師(The Lithomancer)の二つ名を持つ。かつてソリン(Sorin)ウギン(Ugin)と共に故郷ゼンディカーにエルドラージを封印した。ソリンはプレインズウォーカーの師であり、仲間であったが、6000年以上にわたる込み合った経緯から今では互いに憎しみ合っている。

ナヒリはゼンディカー・ブロックで謎の人物「石術師」として名前のみ登場したのが最初である。ゼンディカーおよびソリン、そしてソリンの故郷イニストラード次元のストーリーが進むにつれて、ナヒリの来歴や人となり、現状の行動と動機が明かされた。石術師としての初出が2009年、本人のカード化は2014年が初めてとなる。

灯争大戦のストーリーでは、一騎打ち(Single Combat)のプレビューにおいて、ソリンとの個人的な不和にかかずらっていることが明かされた。多元宇宙的な危機を無視してこの2人は何をやっているのか、と呆れる声はそこかしこで見られた。



ナヒリとソリンが登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でナヒリとソリンが登場するカード。
因縁深いこの2人は6000年以上にわたって関係が拗れてしまっており、灯争大戦の大勢に構わずに決闘をしている。

灯争大戦のストーリー

第二幕第三場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでのナヒリの描写は多くはない。

ナヒリの小説登場シーンは以下のようなものだ。古呪(The Elderspell)の発動後、ゲートウォッチの先導で一旦後退して状況把握と情報交換のために集合した際に、ナヒリは大勢のプレインズウォーカーの中で誰かを探している様子でいた。
おそらくこの時にナヒリが探していた相手はソリン(Sorin)であろう。

答え合わせ(ネタバレ注意)
ソリンの渇き(Sorin’s Thirst)のイラストの状況を考慮すると、ナヒリとソリンは小説で初登場するシーンより前から決闘していることになる。つまり、立像崩し(Topple the Statue)が発生する以前からということになる。
そう考えると、2人の戦いは途中で途切れるタイミングがあったことになる。古呪(The Elderspell)が発動したことで事態を把握するために戦闘を中断する、という解釈が自然であろうか。
答え合わせ(ネタバレ注意)
ナヒリとソリンは戦場で一騎打ちに興じている。ギデオン(Gideon)も飽きれるほどであった。しかし、戦争終盤には2人は決闘を一旦棚上げして、戦う相手を永遠衆へと変えている。→一騎打ち(Single Combat)の記事の「答え合わせ」も参照のこと。
答え合わせ(ネタバレ注意)
マーク・ローズウォーターのコメントから考えると、ナヒリとソリンの2人は灯争大戦を生き残っており、この先でもまた2人の不和による闘争が描かれることが予想される。

石の嵐、ナヒリの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. コー(Kor)はゼンディカーの人型種族