灯争大戦:牢獄領域

スポンサーリンク

牢獄領域(Prison Realm)はカードセット「灯争大戦」収録のエンチャント・カード。

牢獄領域の解説

何千年にもわたって勝利を画策してきたボーラスは、敗因を熟考する永遠の時間を手に入れた。
引用:牢獄領域(Prison Realm)のフレイバー・テキスト

牢獄領域(Prison Realm)

カードギャラリーより引用

牢獄領域(Prison Realm)は灯争大戦のストーリー「第三幕第四場(Act3, Scene4)」を表すカードである(WAR Story Scenes参照)。

小説「Ravnica: War of the Spark」販売前の時点で言えるのはこれが敗北したニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の姿であることだ。イラストでは、ボーラスの角の間に浮かんでいた卵型の宝石が失われている。場所はボーラスの支配する「瞑想領土(Meditation Realm)」に見える。ところが、瞑想領土に特徴的な角の形がボーラスではなく「ウギン(Ugin)」の角のような形状に変化しているように見える。

ここでウギンに関するカードを観察すると、啓示の終焉(Finale of Revelation)ではウギンが瞑想領土に来訪していることが確認できる。人知を超えるもの、ウギン(Ugin, the Ineffable)ではウギンの両手の中にはボーラスの宝石が収まっているようにも見える。ウギンは瞑想領土とボーラスにどんな干渉を行ったのだろうか?

このカードのカード名は「Prison Realm」、すなわち、ボーラスを閉じ込める「牢獄(Prison)」となった「瞑想領土(Meditation Realm)」を意味するものだろう。和訳製品版が「Realm」を「領土」でなく「領域」と訳してしまっていることで、瞑想領土と紐づけした連想がしにくくなっている。痛恨のミスである。

灯争大戦のストーリー

第三幕第四場

  1. 心温まる贖罪(Heartwarming Redemption)注目のストーリーカード
  2. 灯の燼滅(Despark)注目のストーリーカード
  3. 牢獄領域(Prison Realm)注目のストーリーカード
  4. 次元を挙げた祝賀(Planewide Celebration)注目のストーリーカード
  5. 自然への回帰(Return to Nature)
  6. 新たな地平(New Horizons)



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにおいて、ウギンは「瞑想領土(Meditation Realm)」に「Prison Realm」と新たな名を与えている。したがって、やはり「牢獄領域」よりも「牢獄領土」の方が和訳としてふさわしい。

牢獄領域の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。