灯争大戦:呪文喰いの奇魔

スポンサーリンク

呪文喰いの奇魔(Spellgorger Weird)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

呪文喰いの奇魔の解説

それぞれの研究室から逃げ出してから、二体の奇魔は助け合いながら、大戦の秘儀の力を糧としてきた。
引用:呪文喰いの奇魔(Spellgorger Weird)のフレイバー・テキスト

呪文喰いの奇魔(Spellgorger Weird)

カードギャラリーより引用

呪文喰いの奇魔(Spellgorger Weird)は灯争大戦のストーリー「第二幕第四場(Act2, Scene4)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

ラヴニカのイゼット団による「奇魔」と呼ばれる種類のクリーチャーである。この呪文喰いの奇魔は相棒の呪文持ちの奇魔(Spellkeeper Weird)と一緒にカード発表された。1イゼットの研究室から逃げ出して、戦争状態の中を秘術のパワーを喰らいながら、相棒と2体で組んで生き延びてきたようだ。

個人的な感想であるが、このカードと相棒は物語の大筋に関係なさそうな「2枚のカードだけで完結するサイドストーリー」だとしか見えない。それがカードセットのストーリー第二幕第四場に選別されている事実に驚いている。



灯争大戦のストーリー

第二幕第四場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにはイゼットを脱走した奇魔のコンビは登場しない。そればかりか、いかなる奇魔(Weird)も出て来はしない。

呪文喰いの奇魔の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 発表記事