「エルドレインの王権」にガラクと新プレインズウォーカーか?

スポンサーリンク

カードセット「エルドレインの王権」小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」の発売が2019年9月4日に迫っている。

電子書籍:楽天KOBO版Kindle版

※ 以下の情報は、小説が未発売のため正確ではない恐れがあります。

このエルドレイン小説が、海外の販売サイト(リンク)で、電子書籍版小説の触りの部分が読めるようになった。

そこで初っ端から登場するキャラクターがガラクと思われる。公開部分では名前を名乗っていない(本人が名前も過去も語りたくない)が、リリアナ・ヴェスに呪われた、プレインズウォーカーを狩る狩人のプレインズウォーカーで、面晶体の破片を体に埋め込み、兜をかぶって大きな斧を持った、青白い肌に血管が浮き出て見える野蛮人男性……これはガラクしかありえない

そしてもう1人のプレインズウォーカーが登場している。男性のフェイ1オーコ(Oko)だ。ガラクと遭遇したオコは、友人であると信じ込ませて、悩みを打ち明けてくれれば相談に乗ると持ち掛け、油断させたところで催眠魔法をかけてしまった。

オーコ「お前のことは…犬と呼ぶぞ、俺のことはご主人様と呼ぶんだ。分かったな、犬?」
ガラク「はい。ご主人様。」

このコンビはどうなってしまうんだろう…。ガラクが正気に戻ったら絶対に危ないぞ。

追化情報:ガラクを犬あつかいするオコのビジュアルと設定が解禁!→リンク

エルドレインの王権の関連記事

カード紹介:エルドレインの王権
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「エルドレインの王権(Throne of Eldraine)」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. Fey:フェイは妖精の1種