「エルドレインの王権」ガラクを犬にしたオーコのビジュアル公開

スポンサーリンク

カードセット「エルドレインの王権」小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」で新登場するプレインズウォーカー「オーコ(Oko)」のビジュアルと設定が公開された(出典リンク)。

小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」
電子書籍:
楽天KOBO版Kindle版(2019年9月4日発売)

オーコのビジュアル

※ 「Oko」の正式な和訳が判明していないため、仮にこの記事では「オコ」と表記する。

オーコの全身図(Chris Rallis作)

ウィザーズ社公式ツイッターより引用
オーコの全身図(Chris Rallis作)

右手から何本も延びている茨のようなエナジーは、小説の試し読みでガラクを捕縛したものと明らかに同じだ。胸、わき腹そして腹部の肌を晒し、黒いレザーのズボンを穿き、背中には漆黒の鳥の羽のような飾り、トゲの生えた髪飾り…セクシーというかなんというか。昔のロックスターみたいだ、という感想も聞こえてきていて、言われてみればそんな感じがする。



オーコの設定

元記事はLauren Orsiniによる「Exclusive: Meet Oko, The ‘Magic: The Gathering’ Multiverse’s Newest Planeswalker」。

ザックリと読んだ内容を以下に抜粋してみた。正確な内容を知りたいなら元記事を確かめてほしい。

オーコはフェイのシェイプシフター(変身能力者)である。うぬぼれるほどのカリスマ性を備え、神秘的で賢く虚栄心が強い人物だ。出身次元はフェイが支配する世界。そこの統一された社会は支配者層にとっては完璧な形だったが、オーコには自身の本性や在り方を否定するものであった。オーコは真実を語る者と自認しており、世界に蔓延る偽善を暴かんと社会に反抗した。しかし、支配者層はオーコを服従させようと、魔法的手段によりオーコの能力を抑制しようとした。その結果、オーコは「灯」が点火してプレインズウォーカーとなった。

オーコの全身図(Chris Rallis作)

オーコ紹介記事より引用
オーコの上半身(Chris Rallis作)

オーコが生まれながら持つシェイプシフターの能力は類まれなる強力さで、他の人物やプレインズウォーカーに変身できる。この能力を駆使して、他人に成りすまして「いたずら」を仕掛け、世間の偽善を白日の下にさらけ出してやる……というのだが、「いたずら」はかなりどぎつくシャレになっていない。結婚式を台無しにしたり、誰かの人生最高の瞬間を盗み取ったり、戦地から帰還した息子に化けて母親を欺いたり…。フェイがいたずら好きな性質だからと言ってやりすぎだ。

オーコの諸々を見て感想

オーコの人となりやビジュアルを見せられた。こいつなら、ガラクに催眠をかけて犬あつかいするのも納得だな…と正直そう思った。決して近寄りたい人物ではないが、物語では大いに暴れてくれそうですごく期待している。

ちなみに、オーコは他のプレインズウォーカーは誰となら気が合いそうか…答えはチャンドラかもだそうだ。オーコは色に赤が含まれているのかもしれないな。

エルドレインの王権の関連記事

カード紹介:エルドレインの王権
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「エルドレインの王権(Throne of Eldraine)」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。