灯争大戦:アン一門の侵略者

スポンサーリンク

アン一門の侵略者(Ahn-Crop Invader)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

アン一門の侵略者の解説

「こんな手下が1人いれば、どんな海でも支配してやる。」
–アングラス
引用:アン一門の侵略者(Ahn-Crop Invader)のフレイバー・テキスト

アン一門の侵略者(Ahn-Crop Invader)

カードギャラリーより引用

アン一門の侵略者(Ahn-Crop Invader)は永遠衆のミノタウルス戦士である。

またカードセット「灯争大戦」には、同じアン一門のミノタウルスであり、かつての英雄ネヘブもまた「戦慄衆の勇者、ネヘブ(Neheb, Dreadhorde Champion)」として同時収録されている。

フレイバー・テキストは、ミノタウルスのプレインズウォーカーのアングラス(Angrath)による発言。海賊船「悪鬼の鎖」号の船長としてイクサラン次元で鳴らしていた彼らしいコメントである。「手下」と訳されている原語は「crew」つまり「船の乗組員」を意味している。



アングラスの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でアングラスが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaによると、ミノタウルスと人間の永遠衆は密集軍を形成して続々とラヴニカへと出現している。ミノタウルスの永遠衆は各戦場で戦っている。プレインズウォーカーらとの接近戦を演じる場面も多い。
答え合わせ(ネタバレ注意)
アン一門のミノタウルス、ネヘブの登場については「戦慄衆の勇者、ネヘブ(Neheb, Dreadhorde Champion)」を参照。
答え合わせ(ネタバレ注意)
アン一門ではないが、ター一門(Tah Crop)のミノタウルス男性ナサー(Nassor)が名前付きの永遠衆ミノタウルスとして登場している。永遠衆となる以前の姿を知るギデオン(Gideon)が彼がナサーであることに気付いた。
ナサーとギデオンについてはアモンケット次元のストーリー「鉄面皮(Brazen)」で知ることができる。

アン一門の侵略者の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。