灯争大戦:戦慄衆の勇者、ネヘブ

スポンサーリンク

戦慄衆の勇者、ネヘブ(Neheb, Dreadhorde Champion)カードセット「灯争大戦」収録の伝説のクリーチャー・カード。

戦慄衆の勇者、ネヘブの解説

戦慄衆の勇者、ネヘブ(Neheb, Dreadhorde Champion)

データベースGathererより引用

戦慄衆の勇者、ネヘブ(Neheb, Dreadhorde Champion)は灯争大戦のストーリー「第二幕第二場(Act2, Scene2)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

アモンケット次元のミノタウルスの蓋世の英雄ネヘブ(Neheb)の3回目のカード化。前回の二つ名は「永遠衆(Eternal)」であったが今度は「戦慄衆の勇者(Dreadhorde Champion)」になった。→永遠衆と戦慄衆の違いについてはこちらを参照のこと。

永遠衆、ネヘブ(Neheb, the Eternal)

永遠衆、ネヘブ(Neheb, the Eternal)
データベースGathererより引用

この第二幕第二場では戦慄衆でも「強敵!」と思わせるカードが登場している。称号が秘儀術師監督官監視者と上官タイプが連なり、そして最後は勇者ネヘブである。ただし、注目のストーリーに指定されているカードはない。

ストーリー第二幕第一場でプレインズウォーカー側のキャラクターが続々登場したのと同じで、登場人物の顔見せ的な意味合いが強いのではないだろうか?

アモンケットでは、ネヘブはサムト(Samut)ギデオン(Gideon)に1度倒されており、「灯争大戦」ではその2人との再戦が起こるのだろうか?

カードセット「灯争大戦」にはネヘブと同門のミノタウルスの永遠衆「アン一門の侵略者(Ahn-Crop Invader)」も収録されている。



灯争大戦のストーリー進行

第二幕第二場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでのネヘブの登場はかなり遅い。WAR Story Scenesの進行順と小説では違いがあるため、初登場のタイミングがWAR Story Scenesの第何幕第何場に当たるかは言えないのだが、少なくともストーリー第二幕第二場よりは確実に遅い。
答え合わせ(ネタバレ注意)
ネヘブの登場は以下のようなものだ。
サムト(Samut)は、アモンケットとラヴニカを繋ぐ次元ポータルを閉じる作戦を遂行し、再びラヴニカへと帰還すると、ギデオン(Gideon)と永遠衆の戦いに合流する。サムトはそこでネヘブと遭遇し戦闘になる。
答え合わせ(ネタバレ注意)
サムトはかつて永遠衆ネヘブと戦った経緯もあり、
「How many times do I have to set you free, brother?(いったい何度、あなたを解放しなければならないのか、同胞よ?)」
荒々しく敷石を投げつけるネヘブの背後に、サムトは自慢のスピードで回り込むと、
「Once and for all, you are free, Neheb!(今度こそ、あなたは自由だ、ネヘブ!)」
二振りのコペシュ1でネヘブの首を刎ねた。

戦慄衆の勇者、ネヘブの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. khopesh:アモンケットの曲刀