灯争大戦:挑戦するトロール

スポンサーリンク

挑戦するトロール(Challenger Troll)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

挑戦するトロールの解説

ほとんどの者にとって、戦争とは災厄である。一部の者にとっては好機であり、ごく一部の者にとっては歓喜である。
引用:挑戦するトロール(Challenger Troll)のフレイバー・テキスト

挑戦するトロール(Challenger Troll)

カードギャラリーより引用

挑戦するトロール(Challenger Troll)はラヴニカ次元のゴルガリ団のトロール。

ゴルガリのトロールはイラストのように首から肩回りに「たてがみ」状に発達した菌類を生やしている。ゴルガリのトロールは病気への免疫力が高く身体に菌が繁殖していても平気で、共生関係にある。むしろ硬い層になった「菌類のたてがみ」が皮膚を守る役目を果たしている。

トロールは縄張りを持ち孤立して生活することが多く、ゴルガリの領域周辺をうろつく者を待ち伏せして狩って生きている。このトロールは別次元からの侵略者である永遠衆を、逞しい両腕で上半身と下半身の2つに引き裂いてしまった。このトロールは戦争を歓喜するごく一部の少数派だ。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaに登場するゴルガリ団のトロールはヴァロルズ(Varolz)だけである。ゴルガリのギルドマスター、ヴラスカ(Vraska)の不在時に、それに次ぐ幹部の1人として出てきた。ヴラスカの王座を受け継ぐ権利を主張できる(可能性を持つ)者には、他にクロールのアズドマス(Azdomas)、デヴカリンの指導者アイゾーニ(Izoni)、エルフのシャーマンのセヴリヤ(Cevraya)がいた。

挑戦するトロールの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。