灯争大戦:ドムリの待ち伏せ

スポンサーリンク

ドムリの待ち伏せ(Domri’s Ambush)カードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カードである。

ドムリの待ち伏せの解説

“When civilization teeters on the brink, I’ll be there to kick it the rest of the way.”
「文明が崩壊の瀬戸際にあるのなら、俺が蹴飛ばしてけりを付けてやるさ。」
引用:ドムリの待ち伏せ(Domri’s Ambush)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

ドムリの待ち伏せ(Domri's Ambush)

データベースGathererより引用

ドムリの待ち伏せ(Domri’s Ambush)はプレインズウォーカー「ドムリ(Domri)」の名前を冠するカード。イラストではドムリは獣を従えて意気揚々と飛び掛かっている。

フレイバー・テキストによると、ドムリは灯争大戦の混乱の中で崩壊しつつあるラヴニカの文明を、自身の手で破壊してしまおうとしている。

ドムリはニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の後押しを受けて、グルール一族のギルドマスターの地位を手に入れた。そのドムリが灯争大戦でボーラス陣営に馳せ参じて戦うのは道理である。しかし、ボーラスが彼をどのように扱っているのかまではこの無謀な若者の頭は回っていなかった。→魂の占者(Soul Diviner)へ。



ドムリの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でドムリが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでのドムリ・ラーデ(Domri Rade)は、ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の後押しでギルドマスターになった経緯があるものの、序盤はラヴニカ陣営でグルール一族を率いて戦慄衆軍団と戦っている。しかし、旗色が悪いと見るやすぐにボーラス側への寝返りを宣言する。

ギルドが崩壊し、混沌が支配すれば、グルールの天下になるぞ、といった具合なので、このカードのフレイバー・テキストと意味するところはだいたい同じである。

そうしてドムリはボーラスの下に馳せ参じるが、永遠衆に拘束されて灯を収穫されてしまい、ボーラス陣営に与して戦っている余裕すらなかったほどあっさり退場する。

ドムリの待ち伏せの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。