灯争大戦:魂の占者

スポンサーリンク

魂の占者(Soul Diviner)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

魂の占者の解説

永遠衆の冷たい指に喉を締め付けられながら、ドムリは自分がどんな主人の下に馳せ参じてしまったのか、やっと気付いた。
引用:魂の占者(Soul Diviner)のフレイバー・テキスト

魂の占者(Soul Diviner)

カードギャラリーより引用

永遠衆はプレインズウォーカーの灯を収穫してニコル・ボーラス(Nicol Bolas)へと集める役割を担っており、この魂の占者(Soul Diviner)は灯の選別を行っている永遠衆のカード化のようだ。同様の永遠衆は他に灯を刈り取る者(Spark Reaper)が同時に収録されている。

このカードはカード・メカニズム上では、プレインズウォーカーだけでなくいろいろな種類のパーマネントからカウンターを奪ってカードという利得へと変換する。プレインズウォーカー・カードから忠誠度カウンターを奪う様はまさに灯の収穫である。

イラストを見ると、この魂の占者はプレインズウォーカー「ドムリ(Domri)」の喉を絞め上げている。ニコル・ボーラスに仕えてきたドムリですら、灯の収穫対象であったことが、フレイバー・テキストで明らかになる。この後の場面でドムリは灯を奪われてしまう。→灯の収穫(Spark Harvest)へ続く。



ドムリの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でドムリが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaではドムリ・ラーデ(Domri Rade)が灯を収穫されて絶命する一連のシーンは詳しく描写されている。

まずはドムリが手下を引き連れてニコル・ボーラス(Nicol Bolas)に仲間になってやるぜと呼びかけるが無視されるところから始まる。古呪(The Elderspell)が発動するやいなや、永遠衆に取り囲まれてドムリを除いて惨殺されてしまう。ドムリはこのカードのように永遠衆に捕まってしまうと、「灯の収穫(Spark Harvest)」によって絶命する。

この一部始終を、遠目から盗賊プレインズウォーカーのダク・フェイデン(Dack Fayden)が目撃していたのだ。

魂の占者の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。