灯争大戦:生ける竜巻

スポンサーリンク

生ける竜巻(Living Twister)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

生ける竜巻の解説

「ラヴニカの古き土地が目覚めた。イルハグの足音によって!」
–旧き道のニーキャ
引用:生ける竜巻(Living Twister)のフレイバー・テキスト

生ける竜巻(Living Twister)

カードギャラリーより引用

生ける竜巻(Living Twister)はフレイバー・テキストによると、猪の祟神、イルハグ(Ilharg, the Raze-Boar)の足音によって目覚めたラヴニカの土地の精霊(エレメンタル)のようだ。

猪の祟神、イルハグはグルール一族に関係する神であり、その顕現はグルール一族の旧き道(the Old Way)のドルイドによって予言されていた。灯争大戦ではイルハグ自身がカードとして収録され、それに連動した影響もカードに描かれている。このカードがまさにその1枚だ。

目覚めた(awaken)土地のクリーチャーとなると、MTGでは土地のクリーチャー化で表現することがよくある。しかし、このカードは土地を利用する起動型能力を持たせて、その雰囲気を出している。このカード自身が「生ける竜巻」であるという設定を加味して考えると、「地面を巻き上げ(戦場の土地を手札に戻す能力)」、「巻き上げられた地面が敵に降りかかって押し潰す(手札の土地を捨ててダメージ)」と解釈ができる。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、猪の祟神、イルハグ(Ilharg, the Raze-Boar)に関するサブプロットに全く言及していない。したがって、当然この生ける竜巻に出番はない。

生ける竜巻の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。