灯争大戦:猪の祟神、イルハグ

スポンサーリンク

猪の祟神、イルハグ(Ilharg, the Raze-Boar)カードセット「灯争大戦」収録の伝説のクリーチャー・カードである。

猪の祟神、イルハグの解説

猪の祟神、イルハグ(Ilharg, the Raze-Boar)

データベースGathererより引用

猪の祟神、イルハグ(Ilharg, the Raze-Boar)はグルール一族の伝説の猪神。ラヴニカの猪はイルハグの落とし子と信じる者もいる。

この神の顕現はグルール一族の旧き道(the Old Way)のドルイドによって予言されていた。イルハグはラヴニカに「終末の祟り(The End-Raze)」をもたらす者であるという。イルハグが都市文明を崩壊させた瓦礫にグルールの繁栄を思い描く者もいる。

グルール一族でのドムリ(Domri)の台頭を、猪の祟神イルハグ帰還の前触れと捉える者もいた。しかし、ドムリがギルドマスターの地位を獲得した背景には侵略者ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)が関与していた。

イルハグの顕現が純粋にグルールの予言成就と喜んでいる場合ではないのかもしれない。なぜなら、かつてボーラスはアラーラ次元でも神的な存在「大祖始(Progenitus)」の出現を利用してナヤの戦争介入を仕組んだ1前科があり、ナヤとグルールの類似は明らかなのだから。

瓦礫帯の略奪者(Rubblebelt Raiders)

瓦礫帯の略奪者(Rubblebelt Raiders)
データベースGathererより引用

イルハグはカードセット「ギルド門侵犯」の「瓦礫帯の略奪者(Rubblebelt Raiders)」のフレイバー・テキストでは「猪神(the boar-god )」として存在が匂わされていた。そして、灯争大戦直前のカードセット「ラヴニカの献身」のいくつものカードで出現を予感させる布石があった。



猪の祟神、イルハグのトリビア

カードセット「灯争大戦」の神話レアには、赤を除いた他4色にアモンケット次元の永遠神(白のオケチラ(Oketra)、青のケフネト(Kefnet)、黒のバントゥ(Bontu)、緑のロナス(Rhonas))が収録されている。伝説のクリーチャーでタイプは神であることから、5色のサイクルを成すように、ラヴニカの赤の神クリーチャーであるイルハグが収録されたのかもしれない。

神話レアの伝説の神クリーチャー

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにはイルハグは登場しない。イルハグに纏わるグルールに関しても一切言及されてない。

猪の祟神、イルハグの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 小説Alara Unbroken