基本セット2020:赤のプレインズウォーカー・デッキ

スポンサーリンク

カードセット「基本セット2020」の赤のプレインズウォーカー・デッキ。主役はチャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)である。

赤のプレインズウォーカー・デッキの限定カード

カードセット「基本セット2020」の赤のプレインズウォーカー・デッキ限定で収録されている新規のカードは4種類ある。

また、基本セット2020でないカードセットからの再録はシヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)の1種類のみである。フレイバー・テキストは新規のものに差し変わってるが、基本セット2020の赤に散見される「最期の言葉」シリーズの1つとなっている。

基本セット2020 プレインズウォーカーデッキ 5種セット:英語版日本語版(楽天)

炎の憤怒、チャンドラ(Chandra, Flame’s Fury)

炎の憤怒、チャンドラ(Chandra, Flame’s Fury)

公式記事より引用

炎の憤怒、チャンドラ(Chandra, Flame’s Fury)は神話レアのプレインズウォーカー・カード。カードセット「基本セット2020」のプレインズウォーカーデッキ用に調整されたチャンドラ・ナラー。

チャンドラはこのプレインズウォーカー・デッキだけでなく、基本セット2020全体の主役でもある。そのため、基本セット2020本体には、別バージョンのチャンドラ・ナラーが3種類も収録されている。同一人物のプレインズウォーカー・カードが、同一セット内に3種類も収録されるのは史上初の出来事である。→他のチャンドラ3種類については基本セット2020:チャンドラを参照のこと。

したがって、このカードは基本セット2020全体では4種類目のチャンドラになる。

チャンドラの炎波(Chandra’s Flame Wave)

「今度は大波よ。」
引用:チャンドラの炎波(Chandra’s Flame Wave)のフレイバー・テキスト

チャンドラの炎波(Chandra’s Flame Wave)

公式記事より引用

チャンドラの炎波(Chandra’s Flame Wave)はレアのソーサリー・カード。

このカードのメカニズムでは、プレインズウォーカーデッキらしく製品の主役「炎の憤怒、チャンドラ(Chandra, Flame’s Fury)」をライブラリーや墓地から探して手札に入れる機能がある。

火砕の精霊(Pyroclastic Elemental)

「誰だか知らないけど、動く火山を考え出した人って天才ね。」
–チャンドラ・ナラー
引用:火砕の精霊(Pyroclastic Elemental)のフレイバー・テキスト

火砕の精霊(Pyroclastic Elemental)

公式記事より引用

火砕の精霊(Pyroclastic Elemental)はアンコモンのクリーチャー・カード。

野火の精霊(Wildfire Elemental)

「火はいつでも踊って跳ねて渦巻いて、もっと燃える物がないか探している。決して休まない。だったら私も休まないわ。」
–チャンドラ・ナラー
引用:野火の精霊(Wildfire Elemental)のフレイバー・テキスト

野火の精霊(Wildfire Elemental)

公式記事より引用

野火の精霊(Wildfire Elemental)はコモンのクリーチャー・カード。

背景の階段がカラデシュ次元の意匠に似ている。

カード名の「Wildfire」は「野火」と訳されていて、これは辞書的には正しい。ただし、MTGには同名の次元「ワイルドファイア(Wildfire)」が存在していることには留意しておきたい。ワイルドファイアはイフリートやジンの住む炎渦巻く世界である。この「Wildfire Elemental」はワイルドファイア次元のエレメンタルである可能性があるのだ。



シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)

「この子は私たちと遊んでるだけよ、マースデン。」
–光輝のダフィンの最後の言葉
引用:シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)のフレイバー・テキスト

シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)

データベースGathererより引用

シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)カードセット「基本セット第1版(アルファ版)」からの再録カード。プレインズウォーカー・デッキにのみ収録で基本セット2020本体には入っていない。イラストは据え置き。フレイバー・テキストは新規のものに差し変わっている。

フレイバー・テキストは「ドラゴンと最期の言葉」シリーズの1つ。

炎の大口、ドラクセス(Drakuseth, Maw of Flames)のフレイバー・テキストの方で登場している「Marsden」の名前がここでも出てきている。しかし、和訳製品版では訳語が一定しておらず、こちらでは「マースデン」、ドラクセスでは「マルスデン」と訳されている。

この赤のプレインズウォーカー・デッキには両方のカードが封入されている。和訳製品版では両者のつながりが見えなくされているため、フレイバーが削がれてしまっている。とても残念である。

赤のプレインズウォーカー・デッキのカードリスト

基本セット2020 プレインズウォーカーデッキ 5種セット:英語版日本語版(楽天)

赤のプレインズウォーカー・デッキの関連記事

基本セット2020:赤
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録の赤のカード一覧。その中からピックアップしてストーリーや設定などの解説や考察をする。
カード紹介:基本セット2020
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。