基本セット2020:ドラゴンと最期の言葉

スポンサーリンク

「ドラゴンと最期の言葉」はカードセット「基本セット2020」のフレイバー・テキストにあるシリーズのこと。ドラゴンに関わって命を落としたキャラクターたちの言葉である。

ドラゴンと最期の言葉の概要

カードセット「基本セット2020」のフレイバー・テキストにあるミニシリーズ。何らかの形でドラゴンに関わった者たちの「最期の言葉(last words)」である。フレイバー・テキストは、発言者名の後に必ず「最期の言葉」で締めくくられている。

「ドラゴンと最期の言葉」のフレイバー・テキストは全て基本セット2020での新規文章である。

なぜか「最後」の言葉と訳されている

和訳製品版では「last words」がなぜか「最後の言葉」となっている。意味を考えれば「最期の言葉」の方がより正しいだろう。実はドラゴン魔道士(Dragon Mage)だけが「最期の言葉」と正しい漢字が使われている。

本サイトのこの記事では、以下全ての引用文章を「最後の言葉」から「最期の言葉」に書き換えているので注意されたい。



ドラゴンと最期の言葉の該当カード

「ドラゴンと最期の言葉」に該当するカードは全部で7種類ある。内訳は、基本セット2020本体の赤のカード4種類、アーティファクト1種類。そして、番外カードの赤カードに2種類となっている。

最期を迎えた者たち

最期の言葉を残したのは以下の7名である。

  • 智者タディス(Tadith the Wise)
  • 利口者セイダス(Thaedus the Clever)
  • 小狡いサリア(Theria the Sly)
  • クン・メイ(Kunh Mei)
  • 石持ちグラズラッシュ(Grazlash Stonehold)
  • 光輝のダフィン(Dafynne the Radiant)
  • パーティーのリーダー、マルスデン(Marsden, party leader)

マルスデンの肩書きが「パーティー1のリーダー」であり、「光輝のダフィン」はマルスデンの仲間と思われる。もしかすると、他の5人も同じパーティーの仲間だったのかもしれない。

「マルスデン」はシヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)では「マースデン」となっており、訳がブレている。本記事では炎の大口、ドラクセス(Drakuseth, Maw of Flames)の方の「マルスデン」表記に統一する。

智者タディスの最期の言葉

「そうね。あれは大きいし強いし火も吐くでしょう。でも、こちらには知恵があるわ。」
–智者タディスの最期の言葉
引用:ドラゴン魔道士(Dragon Mage)より

カード名

カードギャラリーより引用

利口者セイダスの最期の言葉

「計算してみたんだけど、空を飛ぶ1頭のドラゴンが1回火を吐くことによって焼ける面積は、最大……」
–利口者セイダスの最期の言葉
引用:炎の一掃(Flame Sweep)より

炎の一掃(Flame Sweep)

カードギャラリーより引用

小狡いサリアの最期の言葉

「これくらい頂いても、あいつはきっと気づきやしな……」
–小狡いサリアの最期の言葉
引用:多欲なドラゴン(Rapacious Dragon)より

多欲なドラゴン(Rapacious Dragon)

カードギャラリーより引用

クン・メイの最期の言葉

「この丈夫な瓶にはドラゴンの息が入ってるんですって。工匠の折り紙つきよ。後は十分遠くに投げればいいの。」
–クン・メイの最期の言葉
引用:龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)より

龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)

カードギャラリーより引用

石持ちグラズラッシュの最期の言葉

「普通の噴火じゃないみたいだ!」
–石持ちグラズラッシュの最期の言葉
引用:火山のドラゴン(Volcanic Dragon)より

火山のドラゴン(Volcanic Dragon)

データベースGathererより引用

光輝のダフィンの最期の言葉

「この子は私たちと遊んでるだけよ、マルスデン2。」
–光輝のダフィンの最期の言葉
引用:シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)より

シヴ山のドラゴン(Shivan Dragon)

データベースGathererより引用

マルスデンの最期の言葉

「広がれ、マヌケ、広がるんだ!」
–パーティーのリーダーだったマルスデンの最期の言葉
引用:炎の大口、ドラクセス(Drakuseth, Maw of Flames)より

炎の大口、ドラクセス(Drakuseth, Maw of Flames)

カードギャラリーより引用


基本セット2020:ドラゴンと最期の言葉の関連記事

カード紹介:基本セット2020
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. この「パーティー」は一行や一団といった意味。ファンタジーゲームではよく旅の仲間とか冒険者一行とかの意味で使われている
  2. 上述の通り製品版では「マースデン」である