カード紹介:幻影の戦士

スポンサーリンク

幻影の戦士(Phantom Warrior)はカードセット「ウェザーライト」に初収録されたクリーチャー・カード。

幻影の戦士の解説

“Fishtails infest the water, and mists walk the land. Give me simple solid rock any day.”
–Tahngarth of the Weatherlight
海には魚のシッポどもがうようよいるし、霧が地面を歩いている。早くおれを普通の山に降ろしてくれ。
–ウェザーライトの副長、ターンガース
引用:幻影の戦士(Phantom Warrior)のフレイバー・テキスト

幻影の戦士(Phantom Warrior)

データベースGathererより引用

ターンガースと魚のシッポどもシリーズその4(最終回)。→その3はこちら

この一連のフレイバー・テキストは、ウェザーライト号がトレイリア島の海岸に停泊するまでの攻撃的なマーフォークとの遭遇を描いている。ウェザーライト号副長ターンガースがマーフォークを「魚のシッポども(fishtails)」と悪態をついているのが特徴である。

この「幻影の戦士(Phantom Warrior)」はトレイリア島を闊歩する人型の霧である。トレイリアのアカデミーの魔術師による召喚クリーチャーかもしれないし、トレイリア島の歪んだ時間が生み出した怪物かもしれない。トレイリア島を呑み込む危険な霧のイメージは、このカードでは霧のクリーチャーという形で表現されている。

ウェザーライト号一行はヴォーデイリア帝国のマーフォーク魔術師の魔法の脅しを乗り切り、ペットの大海蛇を凌ぎ切って、トレイリア島海岸にようやく停泊できた。ところがそこにも人型の霧が歩いている。「早く普通の山に降ろしてくれ」と強面のターンガースが音を上げて、フレイバー・テキストが綴るミニストーリーはここで終幕となる。

ちなみにトレイリア島上陸班はジェラード、ハナ、ミリーの3人であり、ターンガースは船に居残っている。最後にこの幻影の戦士を見たのがよほど堪えたのだろうか。



幻影の戦士のストーリー

短編集Rath and Storm短編Ertai’s Taleにおいて、ごく短く触れられている。→こちらを参照。

幻影の戦士の関連記事

カードセット「ウェザーライト」関連のリスト

カード紹介:ウェザーライト
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「ウェザーライト」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。

ターンガースと魚のシッポども関連のリスト

カード紹介:ターンガースと魚のシッポども
様々な製品に収録されたカードの中から「ターンガースと魚のシッポども」に関するカードをピックアップしてストーリーや設定を解説。ついでにトレイリア島周辺に住むマーフォークについても考察する。