カード紹介:ガルガドン

スポンサーリンク

ガルガドン(Gargadon)はドミナリア次元に生息する大型四足獣である。

カードセット「プロフェシー」のレッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)が初出で、その後、カードセット「時のらせん」で大型種もデザインされている。

ガルガドンの解説

レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)の拡大図

ガルガドン(Gargadon)はドミナリア次元ケルド地方に生息する象に似た大型四足獣である。

外見は全体的に象と類似しているが、ガルガドンには象のような長い鼻や大きな耳はなく、代わりに2-3本の真っ直ぐな角が生えている。体色は苔のような緑色である。

ガルガドンには象牙のような湾曲した鋭い牙が2本かそれ以上生えている。頭部の角は左右に2本1組あり、さらに額からもう1本生えている種もいる。



レッサー・ガルガドン

Trod on by a gargadon
–Kipamu expression meaning “wiped out”
ガルガドンに踏まれた。
–「一掃された」という意味の、キパムの言い回し
引用:レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)

レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)
データベースGathererより引用

レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)はカードセット「プロフェシー」に収録された最初のガルガドン・カードである。名前の通り「小型種」のガルガドンである。

角は3本あり、小さな牙が2本確認できる。戦象のような鎧を着せられ、背中に騎乗用のやぐらが組まれている。

AR4205年のプロフェシー戦争では、ケルド侵略軍はガルガドンを本国からはるばる北ジャムーラ亜大陸まで海上輸送してきたものと思われる。

“In some cultures, elephants are ridden by those in power. I don’t think a mere elephant would even be noticed in Keld.”
–Onean sergeant
世の中には、権力者が象に乗ってるところもあるって話だ。ケルドでは、象なんて気にもされてないけどな。
–オネイアンの軍曹
引用:レッサー・ガルガドン(Lesser Gargadon)のフレイバー・テキスト(基本セット第8版再録バージョン)
上が英語原文。下が和訳製品版

レッサー・ガルガドンはカードセット「基本セット第8版」に再録された際に新規のフレイバー・テキストに差し替えられた。ケルドにはガルガドンがいるため、他の国と違ってただの象じゃ気にもされないだろう、と比較されている。

フレイバー・テキストの発言者は「オネイアンの軍曹(Onean sergeant)」。この「Onean」はケルドと同じドメインズ地方にある「オネイア(Oneah)」の変形とみなし、「Onean」で「オネイアの、オネイア人」という意味と考えられている。

大いなるガルガドン

大いなるガルガドン(Greater Gargadon)

大いなるガルガドン(Greater Gargadon)
データベースGathererより引用

大いなるガルガドン(Greater Gargadon)はガルガドンの大型種である。

裂け目時代(AR4306-4500年)を舞台にしたカードセット「時のらせん」に収録された大いなるガルガドンは、時の裂け目を通り抜けて過去の時代から出現するカードとしてデザインされている。

小型種(レッサー)との相違点は、額の角が無く2本角であること、たてがみがあること、牙が多い(少なくとも3組6本はある)ことである。

GreaterとLesserについて:
最初の「Lesser Gargadon」を「レッサー」と訳したにも拘らず、こちらの「Greater Gargadon」は「大いなる」となっていて、日本語として対称性が無くなっている。翻訳担当者の違いや「Greater」の翻訳先例が「大いなる」であることなど事情はあるだろうが、統一感が欠けているのは残念である。

現実世界で生き物の大型種・小型種を「greater」「lesser」で区別するのはよくあることだし、D&DなどのRPGでもモンスター・データをそのように分けるのは昔からやられている。だから、カードセット「プロフェシー」で「Lesser」が登場した時点でいつか「Greater」の方も出るのだろうと少なくない人に期待されていた。MTGの歴史を振り返る節目の「時のらせん」は登場させるのにちょうどいい機会だったと感じる。

ストラタドン

Designed like the gargadons of Keld–big and brutal.
作りはケルドのガルガドンに似ている–大柄で粗暴だ。
引用:ストラタドン(Stratadon)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

ストラタドン(Stratadon)

ストラタドン(Stratadon)
データベースGathererより引用

ストラタドン(Stratadon)はカードセット「プレーンシフト」に収録されたアーティファクト・クリーチャーである。

フレイバー・テキストではストラタドンは「ケルドのガルガドンに似ている」とコメントされている。この文章によってガルガドンがケルドの生き物であることが確定した。

また、フレイバー・テキスト原文の「Designed like the gargadons of Keld」の部分は「ケルドのガルガドンのように設計されている」という意味だが、MTGファンの中にはガルガドンに似せて設計されたと解釈してケルドに属する戦争機械とみなす者もいるようだ。イラストを見ると、地面にはファイレクシア人とみられる兵士たちが死屍累々たる有様なので、ストラタドンがドミナリア陣営であることはおそらく間違いではない。とはいえ、これがケルドに属すると断定できるまでの根拠にはならない。(インベイジョン・ブロックはこういう所属陣営不明カードがあるので困る)

ガルガドンの登場作品

ガルガドンは小説や短編に登場していない。ケルドが関連する作品群を片っ端から調査したものの、ガルガドンの存在は確認できなかった。

ガルガドンの関連記事

プロフェシー戦争のケルドの関連記事

カード紹介:心を削るものグリール
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)の伝説のクリーチャー・カード「心を削るものグリール(Greel, Mind Raker)」を紹介。プロフェシーに初収録。日本で誤解されているグリールの正しい公式設定を解説する。
カード紹介:黄昏の風
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のレア・カードのサイクル「黄昏の風」を紹介。プロフェシーに初収録。「焼尽の風、疫病風、否定の風、清めの風、活力の風」の5種類のカードの設定を解説する。
カード紹介:ケルドの闘車と陸艇
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のアーティファクト・クリーチャー「ケルドの闘車(Keldon Battlewagon)」を紹介。プロフェシーに初収録。小説に登場した「ケルドの陸艇」や、当時のケルドの新兵器についても解説する。
カード紹介:虚ろの戦士とマニキン
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のアーティファクト・クリーチャー「虚ろの戦士(Hollow Warrior)」を紹介。プロフェシーに初収録。小説に登場した「戦争用マニキン」についても解説する。