灯争大戦:翼の結集

スポンサーリンク

翼の結集(Rally of Wings)カードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カード。

翼の結集の解説

雲もまた戦場と化していた。空戦域と呼ばれるその場所では、永遠衆と天使の激突が繰り広げられていた。
引用:翼の結集(Rally of Wings)のフレイバー・テキスト

翼の結集(Rally of Wings)

カードギャラリーより引用

翼の結集(Rally of Wings)は灯争大戦のストーリー「第二幕第六場(Act2, Scene6)」を表すカードである(WAR Story Scenes参照)。

ギルドマスターのオレリア(Aurelia)体制下ではボロス軍の指令系統上層部は4つの「戦域(Theater)」に分割再編された。このカードのフレイバー・テキストでは永遠衆(Eternal)との戦場は、その4つとは異なる新たな「空戦域(The Sky Theater)」と呼ばれている。

このカードにおいて灯争大戦の戦闘領域は、ボーラス軍の永遠衆とボロス空軍の天使が激しくぶつかり合うラヴニカの空へと拡大したことが分かる。ボロス軍は飛行要塞パルヘリオンⅡ(Parhelion II)を発進させた。

灯争大戦のストーリー

第二幕第六場

翼の結集の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。