灯争大戦:永遠衆の天空王

スポンサーリンク

永遠衆の天空王(Eternal Skylord)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

永遠衆の天空王の解説

永遠衆の天空王(Eternal Skylord)

カードギャラリーより引用

永遠衆の天空王(Eternal Skylord)は灯争大戦のストーリー「第二幕第六場(Act2, Scene6)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

ストーリー第二幕第六場となり戦場はラヴニカの雲の上へと拡大していく。永遠衆とボロスの天使はラヴニカの「空戦域(The Sky Theater)」で激突する。

このカードは永遠衆・戦慄衆に飛行能力を与える魔術師の永遠衆。このカードの存在によってボーラス側にもボロスの空軍と交戦可能な対抗手段が準備されていたことが示された。



灯争大戦のストーリー

第二幕第六場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにはこの種の永遠衆の魔術師は登場しないが、永遠衆の飛行戦力は多く描写されている。永遠衆のドレイク、天使、デーモン、ドラゴンなどである。また、永遠衆のドレイクに騎乗して飛行する永遠衆も言及がある。

永遠衆の天空王の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。