灯争大戦:混種の頂点、ロアレスク

スポンサーリンク

混種の頂点、ロアレスク(Roalesk, Apex Hybrid)はカードセット「灯争大戦」収録の伝説のクリーチャー・カード。

混種の頂点、ロアレスクの解説

混種の頂点、ロアレスク(Roalesk, Apex Hybrid)

カードギャラリーより引用

混種の頂点、ロアレスク(Roalesk, Apex Hybrid)はシミック連合所属の人型種族の混種(元は人間)の男性。

ロアレスクは、ヴァニファール(Vannifar)の「守護者計画(The Guardian Project )」における成功した混種第一世代である。多くの生物への適合性を持ち、肉体に様々な生物の要素が組み込まれており、卓越した戦士であり密偵でもある。あまりにも多種多様な生物種を取り込んでいるため、もはや人間と呼ぶのもためらわれる姿に変わってしまっている。その精神と肉体も取り込むたびに大きく変容している。

取り込んだ生物の種類を全て把握できているのはヴァニファールその人しかいない。またロアレスクの適合限界は誰にも分からない(もしかするとロアレスク自身には分かっているかもしれないが)。

カード化以前に「The Art of Magic: The Gathering – Ravnica」で名前と経歴、設定が公開されていたキャラクターである。その時の二つ名は「混種の頂点」ではなく「最初の守護者(the First Guardian)」であった。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaにはシミックの部隊は登場するが、ロアレスクの名前は出てこない。ただし、小説でヴォレル(Vorel)の指揮下で戦うシミックの超人兵士やバイオ戦士という表現にまとめられた中に、ロアレスクやその他の混成体や混種が含まれていてもおかしくない。

混種の頂点、ロアレスクの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。