灯争大戦:蘇生の絆

スポンサーリンク

蘇生の絆(Bond of Revival)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

蘇生の絆の解説

「私たちは今日、死のくびきを投げ捨てた。これが意味するのは永遠に循環する生命の本質か、それとも単なるお祭り騒ぎか、それはどちらに尋ねるかによる。」
引用:蘇生の絆(Bond of Revival)のフレイバー・テキスト

蘇生の絆(Bond of Revival)

カードギャラリーより引用

蘇生の絆(Bond of Revival)は黒マナが共通するギルド、ラクドス教団(黒赤)とゴルガリ団(黒緑)が協力するカード。両者とも色の順番で「黒〇」となる2色のギルドが当てはめられている。

フレイバー・テキストは両ギルドが見解の上での同意点と相違点を認めつつ、イラストでは2つのギルドの紋章が組み合わさり、両者が協調して働いていることが分かる。

フレイバー・テキストの「永遠に循環する生命の本質」とはゴルガリの回答で、「単なるお祭り騒ぎ」がラクドスの回答となる。

ラクドス教団所属が左の人物で、ゴルガリ団所属が右の人物である。



絆サイクル

蘇生の絆の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。