灯争大戦:繁茂の絆

スポンサーリンク

繁茂の絆(Bond of Flourishing)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

繁茂の絆の解説

「生命が繁茂すべきという点は意見が一致している。手足は何本が最適かという点では見解が違うけれど。」
引用:繁茂の絆(Bond of Flourishing)のフレイバー・テキスト

繁茂の絆(Bond of Flourishing)

カードギャラリーより引用

繁茂の絆(Bond of Flourishing)は緑マナが共通するギルド、シミック連合(緑青)とセレズニア議事会(緑白)が協力するカード。両者とも色の順番で「緑〇」となる2色のギルドが当てはめられている。

フレイバー・テキストは両ギルドが見解の上での同意点と相違点を認めつつ、イラストでは2つのギルドの紋章が組み合わさり、両者が協調して働いていることが分かる。

「手足は何本が最適かという点では見解が違う」とはシミックは生体を改良して多肢化をよく実行しているが、セレズニアはその方向での改造を行わない。

シミック連合所属が左の人物で、セレズニア議事会所属が右の人物である。



絆サイクル

繁茂の絆の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。