灯争大戦:奉謝の亡霊

スポンサーリンク

奉謝の亡霊(Grateful Apparition)カードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カードである。

奉謝の亡霊の解説

奉謝の亡霊(Grateful Apparition)

データベースGathererより引用

カード名の「Grateful」は「他人に受けた好意や親切に対してその人に感謝する、謝意を表す」の意味があり、和名の「奉謝(ほうしゃ)」も同じく「お礼を申し上げること」である。この奉謝の亡霊(Grateful Apparition)は「何かに感謝をしている亡霊」であることが分かる。

イラスト右手前にはプレインズウォーカーのケイヤ(Kaya)がおり、亡霊とお互いに手で挨拶を交わしているように見える。亡霊が謝意を向ける相手はケイヤと見てよさそうだ。

また、イラストの亡霊の姿を観察すると、永遠衆に似ているように思える。永遠衆はアモンケット次元のかつての英雄のなれの果てのアンデッドである。幽霊を殺す能力を持つケイヤならばアンデッドの永遠衆を殺すことができるのかもしれない。ボーラスの下僕となった英雄の魂はケイヤに殺されることによってのみ解放されるとしたら、永遠衆の亡霊がケイヤに謝意を示す姿に納得ができる。

カードセット「灯争大戦」および小説Ravnica: War of the Sparkの発売前時点ではこのカードのイラストが切り出した瞬間に、どういった物語が込められているのか不明である。ただ、永遠衆の魂とケイヤにとって希望のある物語であってほしい、と個人的に願う。



ケイヤの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でケイヤが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaによると、ケイヤ(Kaya)は永遠衆を倒していくが、それによって永遠衆の魂が解放されたり、感謝の意を示したり、といったような描写は無かった。

その一方で、ケイヤは灯争大戦の前のカードセット「ラヴニカの献身」の行動の結果、オルゾフ組の悪辣な高利貸しによって死後の霊となった後も負債に苦しむ弱き者たちを解放したと語られている。さらに、その反動がケイヤ自身に跳ね返ってきている苦しんでいる様子がある。このことから考えて、この奉謝の亡霊(Grateful Apparition)はオルゾフ組から解放された霊と捉えるのが自然に思える。

ということで、カードセットと小説の販売前の私の予想は外れだったようだ。

奉謝の亡霊の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。