灯争大戦:ケイヤの誓い

スポンサーリンク

ケイヤの誓い(Oath of Kaya)カードセット「灯争大戦」収録の伝説のエンチャント・カードである。

ケイヤの誓いの解説

“So everyone gets what they truly deserve, I will keep watch.”
「そうね、すべての人に然るべきものが与えられるように、私はゲートウォッチになる。」
引用:ケイヤの誓い(Oath of Kaya)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

ケイヤの誓い(Oath of Kaya)

データベースGathererより引用

ケイヤの誓い(Oath of Kaya)は灯争大戦のストーリー「第三幕第二場(Act3, Scene2)」を表すカードである(WAR Story Scenes参照)。

プレインズウォーカーのケイヤ(Kaya)がゲートウォッチの一員となる誓いを結ぶシーンだ。

これまでケイヤはニコル・ボーラス(Nicol Bolas)と契約を結んで働いていた。ボーラスがケイヤの家の厄介事を解消する代わりに、ケイヤは幽霊殺害能力でラヴニカ次元のオルゾフ組の旧き亡霊支配者層を一掃し、ギルドマスターとなって組織の権力を簒奪した。1

そして灯争大戦のストーリーが発生して、いずれかの時点でケイヤはボーラスに敵対する決意を固めることになったようだ。灯を刈り取る者(Spark Reaper)のフレイバー・テキストではボーラスに対する反抗心の萌芽とも思える記述もある。果たして真相はどうであったかは下記のネタバレを参照。



ケイヤの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でケイヤが関係するカード

灯争大戦のストーリー

第三幕第二場

  1. 城塞への猛攻(Storm the Citadel)注目のストーリーカード
  2. ケイヤの誓い(Oath of Kaya)注目のストーリーカード
  3. ボーラスの城塞(Bolas’s Citadel)
  4. 戦争の犠牲(Casualties of War)
  5. 爆発域(Blast Zone)

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaではケイヤは登場時からすでにニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の本性に気付いて敵対している。
答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでもケイヤはゲートウォッチの誓いを立てるが、このカードとはタイミングが違う。

このカードはストーリー「第三幕第二場」の注目のストーリーカードであり、イラストは「古呪(The Elderspell)」の影響で昼間なのに黒雲が覆っている。つまりまだ戦争状態である。
一方、小説ではケイヤの誓いは戦争が終結した段階で行われている。場所は第10地区プラザで、周囲の状況はまさに「次元を挙げた祝賀(Planewide Celebration)」のカードが描出する場面である。

答え合わせ(ネタバレ注意)
ただし、最後の総力戦を仕掛ける前、ゲートウォッチの面々が誓いを新たに立てる場面で、ケイヤが誓いに加わるか逡巡しているような描写はある(もちろん上述の通りこの時は誓いは立てない)。

ケイヤの誓いの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 出典:The Art of Magic: The Gathering – Ravnica