灯争大戦:灯を刈り取る者

スポンサーリンク

灯を刈り取る者(Spark Reaper)カードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カードである。

灯を刈り取る者の解説

“I know they’re unstoppable fighters created to harvest souls—it’s just they’re so rude about it.”
–Kaya
「あいつらが魂を収穫するために作られた無敵の戦士だってことは分かってるわ。でも、いくらなんでも無礼でしょう。」
–ケイヤ
引用:灯を刈り取る者(Spark Reaper)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

灯を刈り取る者(Spark Reaper)

データベースGathererより引用

カードセット「灯争大戦」のトレイラー映像の時点で、永遠衆がプレインズウォーカーから灯を抜き出してニコル・ボーラス(Nicol Bolas)のもとへと集積する状況が明かされている。この灯を刈り取る者(Spark Reaper)は「プレインズウォーカーの灯を収穫する」という役割に焦点を当てた永遠衆のカード化と考えられる。

カードのメカニズムは、クリーチャーやプレインズウォーカーを犠牲にしてライフとカードの利得を生み出すものだ。生け贄に捧げるのは必ずしもプレインズウォーカーに限らない。ということは、永遠衆は相手がプレインズウォーカーの灯を保有しているか否かに関わらずに襲い掛かり、灯を収穫している可能性が出てきた。

イラストで宙吊りにされている人物は、固有の名前の設定されていないランダムなプレインズウォーカーなのか、手当たり次第に捕まえられた一般人なのか、あるいは、目覚めていない潜在的プレインズウォーカーなのか、どちらの可能性もある。

フレイバー・テキストで憤慨しているのはプレインズウォーカーのケイヤ(Kaya)である。灯の強奪がケイヤにボーラスへの反抗心を芽生えさせたのかもしれない。



ケイヤの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でケイヤが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaによると、「古呪(The Elderspell)」が発動すると永遠衆はプレインズウォーカーの灯の保有者を識別可能になり、該当者を効率よく狩り出して灯を収穫できる。
また、名前も語られずに灯を収穫されるプレインズウォーカーたちが小説には大勢登場する。
答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaではケイヤは登場時からすでにニコル・ボーラス(Nicol Bolas)の本性に気付いておりすでに敵対している。

灯を刈り取る者の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。