灯争大戦:ラゾテプの肉裂き

スポンサーリンク

ラゾテプの肉裂き(Lazotep Reaver)はカードセット「灯争大戦」収録のクリーチャー・カード。

ラゾテプの肉裂きの解説

姿かたちは様々であっても、永遠衆は冷酷な調和を持って行動した。衝動や感情とは無縁だったからである。
引用:ラゾテプの肉裂き(Lazotep Reaver)のフレイバー・テキスト

ラゾテプの肉裂き(Lazotep Reaver)

カードギャラリーより引用

ラゾテプの肉裂き(Lazotep Reaver)はアモンケット次元の何らかのビーストがラゾテプ鉱で聖別されて永遠衆となった姿。

この永遠衆の素体となったビーストだが、イラストを観察すると既存カードに姿が似ているクリーチャーが見つけられた。それが、カードセット「アモンケット」に収録されたビースト・クリーチャーである「刻み角(Manglehorn)」である。口の両脇から前方に突き出す2本の牙、そして上あごから左右に湾曲し張り出す大きな2本の角がそっくりである。刻み角の永遠衆が、このラゾテプの肉裂きである可能性は高い。

刻み角(Manglehorn)

データベースGathererより引用

フレイバー・テキストによると、この肉裂きのようなビーストであっても、永遠衆は「衝動や感情とは無縁」なため、「冷酷な調和を持って行動」することができる。刻み角のカードのイラストでは、人とビーストが敵同士だったが、こちらでは調和を持って働いている。もちろん平和的な理由でなく、永遠衆は自由意思や自我は奪われ、命令に従うだけのアンデッドの下僕に落とされたためである。

カード・メカニズムとイラストの関係性に視点を移そう。このカードは「動員1」の能力を持たされているおり、カードイラストには肉裂きの他に永遠衆が1人描かれている。動員メカニズムを持つカードはこの手の数合わせをしたとみられるカードが他にもいくつかある。


小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaには様々な種の永遠衆が登場するが、このラゾテプの肉裂きや、あるいは、刻み角の永遠衆は出てこない。

ラゾテプの肉裂きの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。