基本セット2020:アーティファクト

スポンサーリンク

カードセット「基本セット2020」収録のアーティファクト・カード一覧。

基本セット2020自体にはストーリー的な柱がないので、個別記事を作るまでもないカードはここにまとめている。

公式カードギャラリーに全カード登録された同日中にこちらにもアーティファクト・カード全登録済み(2019年6月26日)。

基本セット2020カード記事多色、アーティファクト、土地番外
Core Set 2020
The Card Image Gallery is updated every day with the latest card previews. Core Set 2020 releases on July 12, 2019.

基本セット2020 ブースターパック 英語版 36パック入りBOX(AMAZON)
基本セット2020 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX(AMAZON)

基本セット2020のアーティファクトの傾向

カードセット「基本セット2020」収録の無色のアーティファクト・カードは全21種類(コモン6種類、アンコモン9種類、レア6種類)。

再録カードはコモンは全て再録だが、アンコモンとレアはそれぞれ2種類とそこそこの割合である。

有色のアーティファクトは全6種類ある。アンコモンに5色に1種類ずつ。赤にはレアで伝説のアーティファクト「チャンドラの調圧器(Chandra’s Regulator)」がある。→有色アーティファクト

伝説のクリーチャーは不屈の巡礼者、ゴロス(Golos, Tireless Pilgrim)が登場しているが、フレイバー・テキストやイラストへの登場は見当たらない。

フレイバー・テキストには以下のようなキャラクターがおそらく初登場している。

既存キャラクターの新規登場もある。

過去カードからの完全な引用として登場した既存キャラクターもいる。



アーティファクト・コモン

金床鋳込みの猛禽(Anvilwrought Raptor)

「私はそれが空を飛ぶのを見たことがあり、故にその軽さを知っている。私はそれが攻撃する様をも見ていて、故にその重さも知っている。」
–メレティスの兵士、ブリゴニー
引用:金床鋳込みの猛禽(Anvilwrought Raptor)のフレイバー・テキスト

金床鋳込みの猛禽(Anvilwrought Raptor)

カードギャラリーより引用

金床鋳込みの猛禽(Anvilwrought Raptor)はカードセット「テーロス」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

メレティスの兵士、ブリゴニー(Brigone, soldier of Meletis)はテーロス・ブロックのキャラクター。

したがって、このカードはテーロス次元に属している。

心臓貫きの弓(Heart-Piercer Bow)

心臓貫きの弓(Heart-Piercer Bow)

カードギャラリーより引用

心臓貫きの弓(Heart-Piercer Bow)はカードセット「タルキール覇王譚」からの再録カード。イラストは据え置き。初出時はフレイバー・テキストがあったが今回は削除されている。

したがって、このカードはタルキール次元に属している。

匪賊の斧(Marauder’s Axe)

鋭利な斧はたいていの問題を解決する。
引用:匪賊の斧(Marauder’s Axe)のフレイバー・テキスト

匪賊の斧(Marauder's Axe)

カードギャラリーより引用

匪賊の斧(Marauder’s Axe)はカードセット「基本セット2019」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

プリズマイト(Prismite)

影ですらまばゆい虹色である。
引用:プリズマイト(Prismite)のフレイバー・テキスト

プリズマイト(Prismite)

カードギャラリーより引用

プリズマイト(Prismite)はカードセット「灯争大戦」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

これはラヴニカ次元のゴーレムであるが、灯争大戦後の姿ということだろうか。

初出時の詳細記事はプリズマイト(Prismite)を参照。

石のゴーレム(Stone Golem)

他の芸術家同様、彫刻家も自らの作品に心と魂を込める。しかし、新たに目覚めたゴーレムが考えるのは、創作者がもっと他の、より具体的な物を込めて欲しかったということだ。
引用:石のゴーレム(Stone Golem)のフレイバー・テキスト

石のゴーレム(Stone Golem)

カードギャラリーより引用

石のゴーレム(Stone Golem)はカードセット「基本セット2011」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)

「この丈夫な瓶にはドラゴンの息が入ってるんですって。工匠の折り紙つきよ。後は十分遠くに投げればいいの。」
–クン・メイの最後の言葉
引用:龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)のフレイバー・テキスト

龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)

カードギャラリーより引用

龍火の薬瓶(Vial of Dragonfire)はカードセット「タルキール龍紀伝」からの再録カード。したがって、このカードはタルキール次元に属している。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

「ドラゴンと最期の言葉」シリーズのひとつ。

フレイバー・テキストの和訳製品版では「last words」が「最後の言葉」と訳されているが、この場合は「最期の言葉」の方がより正しい。



アーティファクト・アンコモン

巨像の鎚(Colossus Hammer)

「本当に死んでいるかどうか確かめる方法が一つある。」
引用:巨像の鎚(Colossus Hammer)のフレイバー・テキスト

巨像の鎚(Colossus Hammer)

カードギャラリーより引用

巨像の鎚(Colossus Hammer)

ダイアモンドの騎士(Diamond Knight)

ダイアモンドの騎士(Diamond Knight)

カードギャラリーより引用

ダイアモンドの騎士(Diamond Knight)

占者の保管箱(Diviner’s Lockbox)

「まぶたを閉じると必ず、アレがアタシを馬鹿にしている様子が目に浮かぶんだよ。」
–大泥棒、滑り指のナイレックス
引用:占者の保管箱(Diviner’s Lockbox)のフレイバー・テキスト

占者の保管箱(Diviner's Lockbox)

カードギャラリーより引用

占者の保管箱(Diviner’s Lockbox)

大泥棒、滑り指のナイレックス(Nayrex Slipfinger, master thief)は今回が初登場か。多用途の鍵(Manifold Key)でも登場している。

多用途の鍵(Manifold Key)

「錠前は開けて欲しがってるし、お宝は出して欲しがってるんだよ。」
–大泥棒、滑り指のナイレックス
引用:多用途の鍵(Manifold Key)のフレイバー・テキスト

多用途の鍵(Manifold Key)

カードギャラリーより引用

多用途の鍵(Manifold Key)

占者の保管箱(Diviner’s Lockbox)に引き続き大泥棒、滑り指のナイレックス(Nayrex Slipfinger, master thief)が登場。

隕石ゴーレム(Meteor Golem)

その衝撃で兵士たちは散り散りになった。すると、その穴から何かが現れた。
引用:隕石ゴーレム(Meteor Golem)のフレイバー・テキスト

隕石ゴーレム(Meteor Golem)

カードギャラリーより引用

隕石ゴーレム(Meteor Golem)はカードセット「基本セット2019」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

見本に倣うもの(Pattern Matcher)

「結構!今度は別の兎でやってみましょう。」
–工匠、サルギス・ハズ
引用:見本に倣うもの(Pattern Matcher)のフレイバー・テキスト

見本に倣うもの(Pattern Matcher)

カードギャラリーより引用

見本に倣うもの(Pattern Matcher)

フレイバー・テキストの「工匠、サルギス・ハズ(Sargis Haz, artificer)」はカードセット「基本セット2011」収録の鋼の監視者(Steel Overseer)が初出のキャラクター。今回の基本セット2020では鋼の監視者も同時に収録されている。

サルギス・ハズは他に報復のワンド(Retributive Wand)遺跡の回収者(Salvager of Ruin)鋼の監視者(Steel Overseer)でも登場している。

報復のワンド(Retributive Wand)

「最後の一撃が一番強力よ。」
–工匠、サルギス・ハズ
引用:報復のワンド(Retributive Wand)のフレイバー・テキスト

報復のワンド(Retributive Wand)

カードギャラリーより引用

報復のワンド(Retributive Wand)

工匠、サルギス・ハズ(Sargis Haz, artificer)」がここでも登場。他には見本に倣うもの(Pattern Matcher)遺跡の回収者(Salvager of Ruin)鋼の監視者(Steel Overseer)で登場している。

遺跡の回収者(Salvager of Ruin)

「次期モデルでは、自己破壊なしで救出できるようにする必要があるわね。」
–工匠、サルギス・ハズ
引用:遺跡の回収者(Salvager of Ruin)のフレイバー・テキスト

遺跡の回収者(Salvager of Ruin)

カードギャラリーより引用

遺跡の回収者(Salvager of Ruin)

工匠、サルギス・ハズ(Sargis Haz, artificer)」が三度登場。他には見本に倣うもの(Pattern Matcher)報復のワンド(Retributive Wand)鋼の監視者(Steel Overseer)でも登場している。

小走り犬(Scuttlemutt)

頭の部分に5種類のレンズがあり、通常の視覚を超えた範囲の色で世界を眺める。
引用:小走り犬(Scuttlemutt)のフレイバー・テキスト

小走り犬(Scuttlemutt)

カードギャラリーより引用

小走り犬(Scuttlemutt)はカードセット「シャドウムーア」からの再録カード。したがって、このカードはシャドウムーア次元に属している。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

どちらが前とも後ろともつかない姿をしているが、フレイバー・テキストによると、イラストの向かって左側の5種類のレンズがある部分が「頭」であるという。



アーティファクト・レア

保有の鞄(Bag of Holding)

There’s no prepared like overprepared.
準備のし過ぎなどというものはない。
引用:保有の鞄(Bag of Holding)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

保有の鞄(Bag of Holding)

カードギャラリーより引用

保有の鞄(Bag of Holding)

「Bag of Holding」はRPGのD&Dでは伝統的な魔法のアイテムである。見かけよりもはるかに多くの荷物を収納できる魔法の鞄である。

不屈の巡礼者、ゴロス(Golos, Tireless Pilgrim)

不屈の巡礼者、ゴロス(Golos, Tireless Pilgrim)

カードギャラリーより引用

不屈の巡礼者、ゴロス(Golos, Tireless Pilgrim)

墓掘りの檻(Grafdigger’s Cage)

「しっかり葬っておくのが一番だ。身の毛のよだつアンコールなんて願い下げだからな。」
–トロスク巡邏官
引用:墓掘りの檻(Grafdigger’s Cage)のフレイバー・テキスト

墓掘りの檻(Grafdigger's Cage)

カードギャラリーより引用

墓掘りの檻(Grafdigger’s Cage)はカードセット「闇の隆盛」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

フレイバー・テキストの「トロスク巡邏官(Constable Trosk)」は今回が初登場か。

祖先の象徴(Icon of Ancestry)

祖先の象徴(Icon of Ancestry)

カードギャラリーより引用

祖先の象徴(Icon of Ancestry)

神秘の炉(Mystic Forge)

神秘の炉(Mystic Forge)

カードギャラリーより引用

神秘の炉(Mystic Forge)

鋼の監視者(Steel Overseer)

「世界は既に機械の方式で動いているのよ。 いつか、その事実を向こうに思い知らされるんでしょうね。」
――工匠、サルギス・ハズ
引用:鋼の監視者(Steel Overseer)のフレイバー・テキスト

鋼の監視者(Steel Overseer)

カードギャラリーより引用

鋼の監視者(Steel Overseer)はカードセット「基本セット2011」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

フレイバー・テキストの「工匠、サルギス・ハズ(Sargis Haz, artificer)」は、これまでこのカードでしか登場していなかったが、今回のこのカードの再録に際して、他の複数のカードでも新規のフレイバー・テキストが生み出されている→見本に倣うもの(Pattern Matcher)報復のワンド(Retributive Wand)遺跡の回収者(Salvager of Ruin)

有色アーティファクト


基本セット2020アーティファクト・カードの関連記事

カード紹介:基本セット2020
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
カード紹介
スポンサーリンク
mtg-story