基本セット2020:白

スポンサーリンク

カードセット「基本セット2020」収録の白カード一覧。

基本セット2020自体にはストーリー的な柱がないので、個別記事を作るまでもないカードはここにまとめている。

公式カードギャラリーに全カード登録された。こちらにも白カード全登録済み。

基本セット2020カード記事:白、多色アーティファクト土地番外
Core Set 2020
The Card Image Gallery is updated every day with the latest card previews. Core Set 2020 releases on July 12, 2019.

基本セット2020 ブースターパック 英語版 36パック入りBOX(AMAZON)
基本セット2020 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX(AMAZON)

  1. 基本セット2020の白の傾向
  2. 白コモン
    1. 空からの突撃(Aerial Assault)
    2. 天使の贈り物(Angelic Gift)
    3. 大隊の歩兵(Battalion Foot Soldier)
    4. 夜明けの天使(Dawning Angel)
    5. 夜明けの司祭(Daybreak Chaplain)
    6. 解呪(Disenchant)
    7. まばゆい神盾(Glaring Aegis)
    8. 庇護のグリフィン(Griffin Protector)
    9. グリフィンの歩哨(Griffin Sentinel)
    10. 鼓舞する突撃(Inspired Charge)
    11. 鼓舞する隊長(Inspiring Captain)
    12. 勇壮の時(Moment of Heroism)
    13. ムーアランドの審問官(Moorland Inquisitor)
    14. 平和な心(Pacifism)
    15. 急報(Raise the Alarm)
    16. 魂癒し人(Soulmender)
    17. 兵団の隊長(Squad Captain)
    18. 不動の哨兵(Steadfast Sentry)
    19. 鋤引きの雄牛(Yoked Ox)
  3. 白アンコモン
    1. 祖先の刃(Ancestral Blade)
    2. 生命力の天使(Angel of Vitality)
    3. 浄光の使徒(Apostle of Purifying Light)
    4. 敬虔な命令(Devout Decree)
    5. 永遠の疎外(Eternal Isolation)
    6. 剣術の名手(Fencing Ace)
    7. 光の篭手(Gauntlets of Light)
    8. 神々の思し召し(Gods Willing)
    9. 太陽の伝令(Herald of the Sun)
    10. 忠実なペガサス(Loyal Pegasus)
    11. 練達の接合者(Master Splicer)
    12. 法の定め(Rule of Law)
  4. 白レア
    1. 翼の司教(Bishop of Wings)
    2. 帰寂からの帰還(Brought Back)
    3. 絞首された処刑人(Hanged Executioner)
    4. 神聖の力線(Leyline of Sanctity)
    5. ロクソドンの生命詠み(Loxodon Lifechanter)
    6. 次元の浄化(Planar Cleansing)
    7. 天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)
    8. 星原の神秘家(Starfield Mystic)
  5. 白神話レア
    1. 群れの力、アジャニ(Ajani, Strength of the Pride)
    2. 暁の騎兵(Cavalier of Dawn)
  6. 白の番外カード
  7. 基本セット2020白カードの関連記事

基本セット2020の白の傾向

カードセット「基本セット2020」収録の白カードは全41種類(コモン19種類、アンコモン12種類、レア8種類、神話レア2種類)。アンコモンのうち1種類は有色アーティファクト(祖先の刃(Ancestral Blade))。

再録カードがコモンでは14種類もあり、アンコモンでも4割に当たる5種類が再録である。レアの再録は2種類だけだが、他の4色が0か1種類だけなのと比較すると、実は多い。神話レアは新規のみである。

収録されたプレインズウォーカーはアジャニ(Ajani)である。庇護のグリフィン(Griffin Protector)のフレイバー・テキストの発言者はアジャニである。

伝説のクリーチャーは天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)が登場している。他のカードのフレイバー・テキストでの言及もある→敬虔な命令(Devout Decree)帰寂からの帰還(Brought Back)

フレイバー・テキストには以下のようなキャラクターがおそらく初登場している。

過去カードからの完全な引用として登場した既存キャラクターもいる。

白カードは他の色に比べて、言及されている名前付きのキャラクターが少なくて残念である。

再録カードの中には以前と同じフレイバー・テキストを持つものがあるが、和訳製品版で文章が修正されているものがある。翻訳のミスをより正しい形に直したものだ。→魂癒し人(Soulmender)



白コモン

空からの突撃(Aerial Assault)

「何かの勘違いでしょう。鷹が群れで狩りをすることはありません。」
–鳥類学者、バンデル・デドレック
引用:空からの突撃(Aerial Assault)のフレイバー・テキスト

空からの突撃(Aerial Assault)

カードギャラリーより引用

空からの突撃(Aerial Assault)

イラストで鷹の群れに襲われているのはオークであろうか。

鳥類学者、バンデル・デドレック(Bunder Diedreck, ornithologist)は今回が初登場か。

天使の贈り物(Angelic Gift)

天使の贈り物(Angelic Gift)

カードギャラリーより引用

天使の贈り物(Angelic Gift)はカードセット「戦乱のゼンディカー」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはゼンディカー次元に属している。

大隊の歩兵(Battalion Foot Soldier)

「ついて来い!この戦線を突破すれば残りも落ちる!」
引用:大隊の歩兵(Battalion Foot Soldier)のフレイバー・テキスト

大隊の歩兵(Battalion Foot Soldier)

カードギャラリーより引用

大隊の歩兵(Battalion Foot Soldier)

夜明けの天使(Dawning Angel)

「骨塔の背後から太陽が昇り、死が埋め尽くす戦場に天使が降り立つと、新たな希望のうねりをもたらした。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:夜明けの天使(Dawning Angel)のフレイバー・テキスト

夜明けの天使(Dawning Angel)

カードギャラリーより引用

夜明けの天使(Dawning Angel)

フレイバー・テキストはクリネア著「骨塔の包囲戦」(Krinnea, Siege of the Bone Spire)のシリーズの1つ。→詳細は基本セット2020:クリネア著「骨塔の包囲戦」を参照のこと。

夜明けの司祭(Daybreak Chaplain)

「私の発する光が迷える者を導かんことを。」
引用:夜明けの司祭(Daybreak Chaplain)のフレイバー・テキスト

夜明けの司祭(Daybreak Chaplain)

カードギャラリーより引用

夜明けの司祭(Daybreak Chaplain)はカードセット「基本セット2019」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

解呪(Disenchant)

天使の聖なる光が輝くところに残るのは純潔のみである。
引用:解呪(Disenchant)のフレイバー・テキスト

解呪(Disenchant)

カードギャラリーより引用

解呪(Disenchant)はカードセット「基本セット第1版(アルファ版)」からの再録カード。イラストとフレイバー・テキストは新規のもの。

まばゆい神盾(Glaring Aegis)

まばゆい神盾(Glaring Aegis)

カードギャラリーより引用

まばゆい神盾(Glaring Aegis)はカードセット「タルキール龍紀伝」からの再録カード。イラストは据え置き。

したがって、このカードはタルキール次元に属している。

庇護のグリフィン(Griffin Protector)

「ここにいるのは、どれほど厳しい戦いの中でも決してひるむことのない仲間だ。」
–黄金のたてがみのアジャニ
引用:庇護のグリフィン(Griffin Protector)のフレイバー・テキスト

庇護のグリフィン(Griffin Protector)

カードギャラリーより引用

庇護のグリフィン(Griffin Protector)はカードセット「基本セット2013」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

フレイバー・テキストの発言者はアジャニ(Ajani)である。

グリフィンの歩哨(Griffin Sentinel)

一度持ち場に着いたグリフィンの歩哨をそこから引き離すことができるのは死だけだ。
引用:グリフィンの歩哨(Griffin Sentinel)のフレイバー・テキスト

グリフィンの歩哨(Griffin Sentinel)

カードギャラリーより引用

グリフィンの歩哨(Griffin Sentinel)はカードセット「基本セット2010」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

鼓舞する突撃(Inspired Charge)

「我々は光と鋼で身を固めている。我々に抵抗できる者などいるだろうか?」
引用:鼓舞する突撃(Inspired Charge)のフレイバー・テキスト

鼓舞する突撃(Inspired Charge)

カードギャラリーより引用

鼓舞する突撃(Inspired Charge)はカードセット「基本セット2011」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

鼓舞する隊長(Inspiring Captain)

「敵に我らの真の気概を見せる時が来た。」
引用:鼓舞する隊長(Inspiring Captain)のフレイバー・テキスト

鼓舞する隊長(Inspiring Captain)

カードギャラリーより引用

鼓舞する隊長(Inspiring Captain)はカードセット「イニストラードを覆う影」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

勇壮の時(Moment of Heroism)

「我が信仰は、牙や爪や意思無き飢えよりも強い。」
引用:勇壮の時(Moment of Heroism)のフレイバー・テキスト

勇壮の時(Moment of Heroism)

カードギャラリーより引用

勇壮の時(Moment of Heroism)はカードセット「イニストラード」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

ムーアランドの審問官(Moorland Inquisitor)

審問官が教わるのは経典と哲学、そして斧を研ぎ澄ませる業である。
引用:ムーアランドの審問官(Moorland Inquisitor)のフレイバー・テキスト

ムーアランドの審問官(Moorland Inquisitor)

カードギャラリーより引用

ムーアランドの審問官(Moorland Inquisitor)はカードセット「アヴァシンの帰還」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはイニストラード次元に属している。

平和な心(Pacifism)

“Can’t a fella get a moment’s peace around here?”
「この辺りでは子供がちょっとした平和を得ることもできないのかしら。」
引用:平和な心(Pacifism)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

平和な心(Pacifism)

カードギャラリーより引用

平和な心(Pacifism)はカードセット「ミラージュ」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも差し変わっている。

イラストで編み物をしている人物は巨人である。編み針は長剣で腕甲は何枚もの盾のつぎはぎである。小脇に釣り下げた豚2頭も小さく見える。

フレイバー・テキストの「fella」は「fellow」のスラング。「a fella」=「a fellow」と読みかえて文脈から意味を取ると、ここでは「私」を指しているであろう。「get a moment’s peace」は「ひと時の平和を手に入れる」なので少し意訳するなら…。

この辺りじゃひと時の平和すらあたしの手に入らないのかい?

こんなところではないか?編み物をゆっくりしたいのだろう。

急報(Raise the Alarm)

瞬きや息をするのと同じように、急報に反応することは不随意の反射である。
引用:急報(Raise the Alarm)のフレイバー・テキスト

急報(Raise the Alarm)

カードギャラリーより引用

急報(Raise the Alarm)はカードセット「ミラディン」からの再録カード。イラストとフレイバー・テキストはカードセット「基本セット2015」再録時のバージョン。

魂癒し人(Soulmender)

“Healing is more art than magic. Well, there is still quite a bit of magic.”
「癒しは魔法というよりもむしろ技術です。まあ、それでもかなりの魔法なんですけどね。」
引用:魂癒し人(Soulmender)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

魂癒し人(Soulmender)

カードギャラリーより引用

魂癒し人(Soulmender)はカードセット「基本セット2014」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

フレイバー・テキストの英語原文は同じなのだが、和訳版は翻訳が差し変わっている。以前の基本セット2014のフレイバー・テキストは「癒しは魔法というよりもむしろ技術です。まあ、それでもかなりの魔法が必要ですけどね。」である。原文を確かめるとかなりの魔法が「ある」のであって「いる(必要である)」のではないことが分かるので、今回の再録を機に翻訳の誤りを正したのだろう。

兵団の隊長(Squad Captain)

一人の強さは大勢の強さである。
引用:兵団の隊長(Squad Captain)のフレイバー・テキスト

兵団の隊長(Squad Captain)

カードギャラリーより引用

兵団の隊長(Squad Captain)

イラストを見ると、この隊長はステンドグラスの槍を操っている。魔法で強化されたステンドグラスの武具は、カードセット「ドミナリア」時におけるドミナリア次元ベナリアの特徴である。したがって、このカードはベナリアの兵団の隊長を表していると考えられる。

不動の哨兵(Steadfast Sentry)

“Get up, slugabeds! We’ve got company, and they’re not dressed for a party!”
「起きろ。寝坊助ども!お客さんだ!着飾ったパーティー客じゃねぇぞ!」
引用:不動の哨兵(Steadfast Sentry)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

不動の哨兵(Steadfast Sentry)

カードギャラリーより引用

不動の哨兵(Steadfast Sentry)

フレイバー・テキスト原文は「company」と「party」で言葉の調子がいい。

鋤引きの雄牛(Yoked Ox)

大地で働くものたちの勇気は、暑い真夏の太陽の下でも凍てつく真冬の風の中でも長年働き続けることで培われたものだ。それはまさに大地そのものの勇気である。
引用:鋤引きの雄牛(Yoked Ox)のフレイバー・テキスト

鋤引きの雄牛(Yoked Ox)

カードギャラリーより引用

鋤引きの雄牛(Yoked Ox)はカードセット「テーロス」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードはテーロス次元に属している。



白アンコモン

祖先の刃(Ancestral Blade)

祖先の刃(Ancestral Blade)

カードギャラリーより引用

祖先の刃(Ancestral Blade)

この剣はイラストを見るとドラゴンとの関係性が読み取れる。鞘にはドラゴンを模した浮き彫り。剣を飾るマントルピースには、ドラゴンを退治する英雄の姿が描かれた絵がある。カード名から類推するに、ドラゴンを倒した祖先の偉業にまつわる武器なのだろう。

生命力の天使(Angel of Vitality)

生命力の天使(Angel of Vitality)

カードギャラリーより引用

生命力の天使(Angel of Vitality)

浄光の使徒(Apostle of Purifying Light)

押し寄せた憂鬱の波は、不屈の光に阻まれて虚しく砕けた。
引用:浄光の使徒(Apostle of Purifying Light)のフレイバー・テキスト

浄光の使徒(Apostle of Purifying Light)

カードギャラリーより引用

浄光の使徒(Apostle of Purifying Light)

敬虔な命令(Devout Decree)

「これは懲罰ではありません。本来あるべき形に戻すのです。」
–天空の刃、セファラ
引用:敬虔な命令(Devout Decree)のフレイバー・テキスト

敬虔な命令(Devout Decree)

カードギャラリーより引用

敬虔な命令(Devout Decree)

フレイバー・テキストの発言者は天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)である。

永遠の疎外(Eternal Isolation)

「まぁ、少なくとも眺めは良いな。」
引用:永遠の疎外(Eternal Isolation)のフレイバー・テキスト

永遠の疎外(Eternal Isolation)

カードギャラリーより引用

永遠の疎外(Eternal Isolation)

剣術の名手(Fencing Ace)

「君は加勢を呼んできたまえ。こちらは目隠しをしよう。そうすれば対等な戦いになるかもしれないからな。」
引用:剣術の名手(Fencing Ace)のフレイバー・テキスト

剣術の名手(Fencing Ace)

カードギャラリーより引用

剣術の名手(Fencing Ace)はカードセット「ラヴニカへの回帰」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードはラヴニカ次元に属している。

光の篭手(Gauntlets of Light)

光の篭手(Gauntlets of Light)

カードギャラリーより引用

光の篭手(Gauntlets of Light)

神々の思し召し(Gods Willing)

神々の思し召し(Gods Willing)

カードギャラリーより引用

神々の思し召し(Gods Willing)はカードセット「テーロス」からの再録カード。元々あったフレイバー・テキストは削られている。

イラストの人物は生前のエルズペス・ティレル(Elspeth Tirel)である。テーロス・ブロックでのストーリーの一場面を描いている。

したがって、このカードはテーロス次元に属している。

太陽の伝令(Herald of the Sun)

「雲も闇も恐れてはなりません。この光がすべてをかき消します。」
引用:太陽の伝令(Herald of the Sun)のフレイバー・テキスト

太陽の伝令(Herald of the Sun)

カードギャラリーより引用

太陽の伝令(Herald of the Sun)

忠実なペガサス(Loyal Pegasus)

「たとえ私が鞍上で死ぬことがあっても、彼女は私を地面に落下させることはないでしょう。」
–天馬乗りのヒパティア
引用:忠実なペガサス(Loyal Pegasus)のフレイバー・テキスト

忠実なペガサス(Loyal Pegasus)

カードギャラリーより引用

忠実なペガサス(Loyal Pegasus)はカードセット「神々の軍勢」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも据え置き。

したがって、このカードはテーロス次元に属している。

天馬乗りのヒパティア(Hypatia of the Winged Horse)は、基本セット2020時点で、このカードにのみ登場しているキャラクターである(再録も含む)。

練達の接合者(Master Splicer)

Phyrexian artificers remove the flesh they no longer need and use it to bring their unholy creations to a greater semblance of life.
ファイレクシアの工匠は、不要となった体の一部を取り除き、それを用いて不浄な存在生命へと近づける。
引用:練達の接合者(Master Splicer)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

練達の接合者(Master Splicer)

カードギャラリーより引用

練達の接合者(Master Splicer)はカードセット「新たなるファイレクシア」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードは新ファイレクシア次元に属している。

フレイバー・テキスト和訳製品版はぜんぜんファイレクシア的ではない。

ファイレクシアの文脈での「the flesh」となると、単なる「体の一部」でなく「肉体」、つまり「機械」と対になる「肉」だろう。

そして、「不浄な存在」の原文は「unholy creations」つまりファイレクシアの工匠が制作した「創造物」を指している。その創造物とは、このカードのメカニズムを見れば「ゴーレム・トークン」であることは明白だ。しかし、和訳製品版の文章ではこの辺が不必要にぼかされており、「存在」が工匠自身を指すかのような誤読が起こりうるものとなっている。

最後に「生命へと近づける」の部分。原文は「a greater semblance of life」したがって「より偉大な生命のまがいもの(似せたもの、類似したもの)」という意味合い。そういった状態へと「不要な肉体」を用いて「不浄の創造物」をもっていくという内容となっている。そもそも、ファイレクシアが自らの創造物を生命に近づけること自体がおかしい、ファイレクシアは生命に手を加えてより「完成」へと導くものだからだ。それこそが「生命のまがいもの」であろう。

ファイレクシアの工匠は、不要となった自分の肉体を取り除き、それを用いて不浄な創造物を偉大な生命のまがいものへと近づける。

これで大いなる完成へと一歩近づけた。

法の定め(Rule of Law)

The law is meant to ensure that people kill each other with only the utmost fairness.
法は、最大限の公平をもってのみ人々が殺し合うことを保証するためにある。
引用:法の定め(Rule of Law)のフレイバー・テキスト

法の定め(Rule of Law)

カードギャラリーより引用

法の定め(Rule of Law)はカードセット「ミラディン」からの再録カード。イラストは据え置き。フレイバー・テキストだけが差し変わっている。

したがって、このカードはミラディン次元(現在の新ファイレクシア次元)に属している。



白レア

翼の司教(Bishop of Wings)

「天使の心には光のスピリットが宿っており、闇が存在するかぎり戦い続けるのです。」
引用:翼の司教(Bishop of Wings)のフレイバー・テキスト

翼の司教(Bishop of Wings)

カードギャラリーより引用

翼の司教(Bishop of Wings)

帰寂からの帰還(Brought Back)

「あなたに勇気が残っているかぎり、その命が揺らぐことはありません。」
–天空の刃、セファラ
引用:帰寂からの帰還(Brought Back)のフレイバー・テキスト

帰寂からの帰還(Brought Back)

カードギャラリーより引用

帰寂からの帰還(Brought Back)

フレイバー・テキストの発言者は天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)である。

カード名原文の「Brought Back」は「持ち帰った、連れ帰った」「戻した」「回復した」といった意味合い。5色に跨るカードのサイクルになっており、カード名が頭韻を踏む命名になっている。

一方、和訳カード名の「帰寂(きじゃく)」とは「僧侶が死ぬこと」である。原文のカード名やフレイバー・テキスト、イラストを注意深く見ても「僧侶」という含みを読み取ることはできない。これはおそらく、頭韻を踏む命名に倣って「帰寂」という言葉をひねり出した、苦肉の策だったのだろう。だからカード名は「寂からの還」と音と漢字で韻を踏んでいるのだ。

絞首された処刑人(Hanged Executioner)

絞首された処刑人(Hanged Executioner)

カードギャラリーより引用

絞首された処刑人(Hanged Executioner)

神聖の力線(Leyline of Sanctity)

神聖の力線(Leyline of Sanctity)

カードギャラリーより引用

神聖の力線(Leyline of Sanctity)はカードセット「基本セット2011」からの再録カード。イラストが差し替えられた。

ロクソドンの生命詠み(Loxodon Lifechanter)

ロクソドンの生命詠み(Loxodon Lifechanter)

カードギャラリーより引用

ロクソドンの生命詠み(Loxodon Lifechanter)

次元の浄化(Planar Cleansing)

次元の浄化(Planar Cleansing)

カードギャラリーより引用

次元の浄化(Planar Cleansing)はカードセット「基本セット2010」からの再録カード。イラストは据え置き。

天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)

天空の刃、セファラ(Sephara, Sky's Blade)

カードギャラリーより引用

天空の刃、セファラ(Sephara, Sky’s Blade)は伝説の天使である。

カードセット「基本セット2020」では敬虔な命令(Devout Decree)帰寂からの帰還(Brought Back)にも登場している。

星原の神秘家(Starfield Mystic)

「我が眼前に神々の世界が広がっておる!」
引用:星原の神秘家(Starfield Mystic)のフレイバー・テキスト

星原の神秘家(Starfield Mystic)

カードギャラリーより引用

星原の神秘家(Starfield Mystic)

星原(Starfield)はテーロス次元の神々が住む、星座の輝く夜空の世界ニクス(Nyx)のこと。このカードのイラストにも描かれている。

したがって、このカードはテーロス次元に属している。



白神話レア

群れの力、アジャニ(Ajani, Strength of the Pride)

群れの力、アジャニ(Ajani, Strength of the Pride)

カードギャラリーより引用

群れの力、アジャニ(Ajani, Strength of the Pride)はアラーラ次元出身のレオニン男性のプレインズウォーカーである。

庇護のグリフィン(Griffin Protector)のフレイバー・テキストはアジャニの発言である。

暁の騎兵(Cavalier of Dawn)

暁の騎兵(Cavalier of Dawn)

カードギャラリーより引用

暁の騎兵(Cavalier of Dawn)人型エレメンタル族(エレメンタルキン)の1種。


白の番外カード

※ 「番外カード」は基本セット2020本体には収録されていないカード。

コモン

アンコモン

レア

神話レア

基本セット2020白カードの関連記事

カード紹介:基本セット2020
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
カード紹介
スポンサーリンク
mtg-story