基本セット2020:クリネア著「骨塔の包囲戦」

スポンサーリンク

クリネア著「骨塔の包囲戦」(Krinnea, Siege of the Bone Spire)はカードセット「基本セット2020」で語られてるミニストーリー。

基本セット2020カード記事多色アーティファクト土地番外

基本セット2020 ブースターパック 英語版 36パック入りBOX(AMAZON)
基本セット2020 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX(AMAZON)

クリネア著「骨塔の包囲戦」の概要

骨塔(The Bone Spire)と呼ばれる屍術師の拠点に対して、女王の騎士が包囲戦を仕掛けている。

骨塔側には屍術師の死体騎士やその他のアンデッドの軍勢がいる。騎士側には従者や兵士の他、天使が援軍に現れている。

「骨塔の包囲戦」の時系列はフレイバー・テキストを一覧しても確かな順番は分からなかった。あるカードでは骨塔が優勢になり、別のカードでは騎士側が優位に立つ、といった具合だ。カードの種類を数えると、黒と白黒のカードは骨塔優勢で計3種類、白と青は騎士優勢で計3種類となっており、両勢力のカード同数で互角。まさに一進一退の攻防になっている。

個人的な推測であるが、おそらく包囲戦の推移は意図してぼかされており、すべては受け手側の解釈にゆだねられているように思える。



クリネア著「骨塔の包囲戦」の該当カード内訳

フレイバー・テキストに、クリネア著「骨塔の包囲戦」が書かれているカードは全部で6種類ある。該当するカードは基本セット2020だけでなく、「プレインズウォーカー・デッキ」や「Spellslinger Starter Kit」1にも収録されている。

収録カードの内訳を以下にまとめた。

基本セット2020本体に収録されている該当カードは計4種類→白:夜明けの天使(Dawning Angel)、青:西風の突撃(Zephyr Charge)、黒:軍団の最期(Legion’s End)、白黒:死体騎士(Corpse Knight)

基本セット2020の黒のプレインズウォーカー・デッキには新たに、クリネア著「骨塔の包囲戦」が書かれた闇の療法(Dark Remedy)が1種類ある。

基本セット2020版の「Spellslinger Starter Kit」には、更に白カードの武勇の誇示(Show of Valor)1種類が収録されている。

クリネア著「骨塔の包囲戦」のカード一覧

基本セット2020→プレインズウォーカー・デッキ→Spellslinger Starter Kitの順に並んでいる。

夜明けの天使(Dawning Angel)

「骨塔の背後から太陽が昇り、死が埋め尽くす戦場に天使が降り立つと、新たな希望のうねりをもたらした。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:夜明けの天使(Dawning Angel)のフレイバー・テキスト

夜明けの天使(Dawning Angel)

カードギャラリーより引用

夜明けの天使(Dawning Angel)は基本セット2020の白カード

西風の突撃(Zephyr Charge)

「騎士たちが風の翼に乗り突進すると、屍術師の下僕たちは絶望的な怒りに絶叫した。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:西風の突撃(Zephyr Charge)のフレイバー・テキスト

西風の突撃(Zephyr Charge)

カードギャラリーより引用

西風の突撃(Zephyr Charge)は基本セット2020の青カード

軍団の最期(Legion’s End)

「たった一言で、彼らは崩壊した。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:軍団の最期(Legion’s End)のフレイバー・テキスト

軍団の最期(Legion's End)

カードギャラリーより引用

軍団の最期(Legion’s End)は基本セット2020の黒カード

死体騎士(Corpse Knight)

「骨白の砦から現れた騎士たちを見ると、女王の兵士たちは怖じ気づいた。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:死体騎士(Corpse Knight)のフレイバー・テキスト

死体騎士(Corpse Knight)

カードギャラリーより引用

死体騎士(Corpse Knight)は基本セット2020の白黒カード



闇の療法(Dark Remedy)

「彼の体は蠢く闇の蔓で縫い合わされていた。意志も肉体も壊れているというのに、屍術師の魔法が眠りにつくことを許さなかった。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:闇の療法(Dark Remedy)のフレイバー・テキスト

闇の療法(Dark Remedy)

公式記事より引用

闇の療法(Dark Remedy)黒のプレインズウォーカー・デッキ収録の黒カードである。

武勇の誇示(Show of Valor)

「騎士がもがき立ち上がれずにいると、その従者が剣を取った。敵は一歩も近寄らなかった。」
–クリネア著「骨塔の包囲戦」
引用:武勇の誇示(Show of Valor)のフレイバー・テキスト

武勇の誇示(Show of Valor)

データベースGathererより引用

武勇の誇示(Show of Valor)はカードセット「基本セット2013」からの再録カード。イラストもフレイバー・テキストも新規のものに差し変わっている。

このカードは「Spellslinger Starter Kit」の白デッキにのみ収録されている。「Spellslinger Starter Kit」に日本語版はないはずだが、カードデータベースGathererにはありがたいことに日本語データが存在している。


クリネア著「骨塔の包囲戦」の関連記事

カード紹介:基本セット2020
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「基本セット2020」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 「Spellslinger Starter Kit」は、MTGを初体験するプレイヤーが遊びを体験しながら学べるスターターキット。ただし、英語での販売で日本語版なし