灯争大戦:ナーセットの逆転

スポンサーリンク

ナーセットの逆転(Narset’s Reversal)カードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カード。

ナーセットの逆転の解説

“In the disarray of battle, an enemy’s attack may be your most convenient weapon.”
–Narset
「戦況が混乱しているときには、敵の攻撃が最も有効な武器になり得るわ。」
–ナーセット
引用:ナーセットの逆転(Narset’s Reversal)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

ナーセットの逆転(Narset's Reversal)

データベースGathererより引用

ナーセットの逆転(Narset’s Reversal)はプレインズウォーカー「ナーセット(Narset)」の名前を冠するカード。

カード・メカニズムを大雑把に言うと、対象の魔法を一時的にキャンセルして、代わりにその呪文を複製して自分で利用するというものだ。フレイバー・テキストで「敵の攻撃が最も有効な武器になり得る」というナーセットの言葉は、このカードを敵の呪文に対して使った想定のものであろう。フレイバーとメカニズムがよく調和している。

イラストは背景を注意深く見ると、ナーセットは瞑想領土(Meditation Realm)にいることが分かる。カードセット「灯争大戦」の主戦場はラヴニカ次元であるが、ナーセットはいつどのような理由で瞑想領土にやってきたのだろうか?



ナーセットの逆転のフレイバー・テキスト

このカードのフレイバー・テキストは、「Magic: The Gathering Arena(マジック:ザ・ギャザリング アリーナ)」のステンドグラス・デザイン版、覆いを割く者、ナーセット(Narset, Parter of Veils)のフレイバー・テキストに転用されている。

ナーセットの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でナーセットが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、ナーセット(Narset)が瞑想領土にいる描写はない。

ナーセットはビーコン発信を受けてラヴニカに到来したプレインズウォーカーでもかなり初めの頃のメンバーの1人であるが、その行動に関する記述はかなり少ない。少なくともチャンドラ(Chandra)が一旦「不滅の太陽(Immortal Sun)」を停止させる時点まではラヴニカで戦っていることが確認できる。

このカードの状況が起こりうるタイミングはおそらく次の2つ。1つめは「ナーセットがラヴニカに来る前」である。もう1つが、「不滅の太陽が機能停止してからウギン(Ugin)が瞑想領土を「牢獄領土(Prison Realm)」に変化させるまでの間」である。

ナーセットの逆転の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。